「横浜市歌」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
|試聴タイトル=
}}
「'''横浜市歌'''」(よこはましか<ref>{{NDLDC|1319237|横浜市歌|format=EXTERNAL}}</ref>)は、[[神奈川県]][[横浜市]]の[[市町村歌|市歌]]である
 
== 概要 ==
[[1909年]]([[明治]]42年)[[7月1日]]に[[横浜港]]の新港埠頭で行われた「開港五十年記念大祝賀会式典」の席で、初めて披露された。以来、市民に広く歌い継がれている。作詞は森林太郎([[森鴎外]])、作曲は[[東京芸術大学|東京音楽学校]]教師の[[南能衛]](よしえ)。この曲は、横浜市が東京音楽学校に仲介を委託し、南が作った旋律の上に、森が歌詞を作り、完成させたものである。森に対する作詞謝礼は100円、南に対する作曲謝礼は50円だった。
 
横浜市立の学校では披露から約100年後の2010年現在においても、[[音楽 (教科)|音楽]]の授業で[[校歌]]とともに歌唱指導される<ref name=kanaloco2010-08-31>{{Cite news
422

回編集