「シャルマネセル5世」の版間の差分

編集の要約なし
m
| 画像サイズ =
| 画像説明 =
| 在位 = [[紀元前8世紀|紀元前727年]] - [[紀元前8世紀|紀元前722年]]
| 戴冠日 =
| 別号 =
| 出生日 =
| 生地 =
| 死亡日 = [[紀元前8世紀|紀元前722年]]
| 没地 =
| 埋葬日 =
| サイン =
}}
'''シャルマネセル5世'''('''Shalmaneser V'''、在位:[[紀元前8世紀|紀元前727年]] - [[紀元前8世紀|紀元前722年]])は、[[アッシリア|新アッシリア王国]]時代の[[アッシリア]]の王である。[[アッカド語]]ではシャルマヌ・アシャレド (Shulmanu asharid) と表記される。名前の意味は「シャルマヌ神は至高なり」である。
 
 
== 来歴 ==
[[ティグラト・ピレセル3世]]の子として生まれた。父王の治世にはジミッラ (zimirra) 州の長官を務めていた。[[紀元前8世紀|紀元前727年]]に王位を継ぐが、彼の王碑文が残っていない上に他の史料にもほとんど登場せず、治世についての情報は少ない。
 
彼の治世中に[[イスラエル王国|イスラエル]]王[[ホセア (イスラエル王)|ホシェア]]がエジプトと結んで反乱を起こした。それに対して遠征を行った。ホシェアは抵抗を諦めて降伏したが、[[サマリア]]市は2年に渡って抵抗した。[[紀元前722年]]にサマリアを占領したことが[[旧約聖書]]「[[列王記]]」と[[バビロニア]]の年代記に記録されている。しかし同年遠征から帰還する前に死去し、兄弟の[[サルゴン2世]]が恐らく王位継承の争いの末に王座を継いだ。