「矢野仁一」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
山形県[[米沢市]]生まれ。[[第一高等学校 (旧制)|第一高等学校]]を経て[[1899年]][[東京大学|東京帝国大学]]文科史学科卒。同助教授となり、[[1905年]][[清]]朝の招聘により[[北京]]の法政学堂(進士館教習)に勤務、[[1912年]]京都帝国大学助教授、[[1920年]]教授、[[1932年]]定年退官、名誉教授。[[文学博士]]。
 
中国近現代史研究の先駆者の一人であり、戦時期には「中国支那非国と「支那無国境を主張して[[満州国]]建国を擁護する論陣を張った。
 
戦後は表立った著述活動はしなかったが、最晩年に[[文化大革命]]を批判した。
95

回編集