「ヴァーミリアン」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
=== 6歳(2008年) ===
[[1月30日]]に行われる川崎記念に出走予定であったが、[[1月27日]]の追い切り後に右[[飛節炎]]による熱発を発症したため翌[[1月28日|28日]]に大事をとって出走を取り消した。そのため[[2月24日]]のフェブラリーステークスをステップに[[3月29日]]のドバイワールドカップに向かうことになり、[[1月30日]]には2年連続でドバイワールドカップの選出馬となったことが発表された。
 
そして、フェブラリーステークスでは、距離や川崎記念の取消の影響などが心配されたが、直線で素早く先頭に並びかけて後続を突き放し、1 3/4馬身差で見事に勝利を収めた。[[3月15日]]に同じく[[ドバイミーティング]]への選出馬となり遠征する3頭と共に出国した。レースでは好スタートを切るものの、道中やや後方での競馬となり、最後の直線では見せ場なく失速し、最下位の12着に終わった。なおレース直前に今まで使用していた蹄鉄の日本のタイワ製トゥシューズレースを禁止されるという事態に見舞われていた。その後は遠征馬3頭と共に[[4月3日]]に[[関西国際空港]]に到着し、[[三木ホースランドパーク]]での輸入検疫後は放牧に出された。
6,260

回編集