「白石かずこ」の版間の差分

編集の要約なし
女性向けの恋愛エッセイや絵本、写真集、翻訳など多彩な仕事ぶりである。1970年代には先鋭な「[[フェミニスト]]」と思われていた。その後の「学者フェミニスト」の登場で影が薄くなったが、[[上野千鶴子]]が愛する[[ニキ・ド・サンファル]]を日本に紹介したのは白石である。[[九条の会]]の賛同者である。
 
[[三島由紀夫]]、[[森茉莉]]、[[寺山修司]]らとも交流が深かった。ケネス・レックスロスは彼女を「日本のアラン・ギンズバーグ」と呼んだ。<ref>{{cite web|title=Author Page - Kazuko Shiraishi|url=http://www.ndbooks.com/author/kazuko-shiraishi/|accessdate=28 January 2016}}</ref>
 
==著書==
95

回編集