「仁助法親王」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
{{基礎情報 皇族・貴族
| 人名 = 仁助法親王
| 各国語表記 =
| 家名・爵位 =
| 画像 =
| 画像サイズ =
| 画像説明 =
| 続柄 = [[土御門天皇]]皇子
| 称号 =
| 全名 =
| 身位 = [[法親王]]
| 敬称 =
| お印 = <!-- 日本の皇族のみ -->
| 出生日 = [[建保]]2年([[1214年]])
| 生地 =
| 死亡日 = [[弘長]]2年[[8月11日 (旧暦)|8月11日]]([[1262年]][[9月25日]])(享年49)
| 没地 =
| 埋葬日 =
| 埋葬地 =
| 配偶者1 =
| 子女 =
| 父親 = [[土御門天皇]]
| 母親 = [[源通子]]
| 役職 = [[円満院]][[門跡]]<br>[[園城寺]][[長吏]]<br>[[四天王寺]]別当<br>[[長講堂]]検校
| 宗教 =
| サイン =
}}
'''仁助法親王'''(にんじょほうしんのう、[[建保]]2年([[1214年]]) - [[弘長]]2年[[8月11日 (旧暦)|8月11日]]([[1262年]][[9月25日]]))は、[[鎌倉時代]]中期の皇族・[[天台宗]]寺門派の僧侶。[[土御門天皇]]の皇子。母は[[源通子]]。[[後嵯峨天皇]]は同母弟にあたる。
 
== 生涯 ==
土御門天皇と源通子の間の子は、[[承久の乱]]後に父である土御門天皇が[[土佐国]]に配流されたこともあって皇位継承の可能性が失われており、最年長の皇子であった仁助を始めとする男子は[[園城寺]]に入って出家している。仁助は[[円浄]]を師として、[[仁治]]2年([[1241年]])に[[灌頂]]の儀式を行って[[円満院]][[門跡]]となっている。ところが、翌仁治3年([[1242年]])に[[四条天皇]]が崩御し、諸事情で出家が遅れていた仁助の実弟・邦仁王が急遽皇位に就くと、新帝・後嵯峨天皇の兄ということで同年[[4月15日 (旧暦)|4月15日]]に[[親王宣下]]を受けて[[法親王]]となり(『[[百錬抄]]』)、続く[[7月17日 (旧暦)|7月17日]]には園城寺の[[長吏]]に任じられた(『三井続灯記』長吏次第)。更に[[寛元]]元年([[1243年]])に土御門天皇の中宮であった[[大炊御門麗子]](陰明門院)が没すると、彼女の邸宅である四条坊城殿や所領が仁助に与えられた。なお、土御門天皇の御陵は京都郊外の金ヶ原にあったため、それ以前は京都市中で大規模な法要を行う機会を持てなかったが、この相続により、仁助は自己の所有となった四条坊城殿にて父母の[[法華八講]]を行っている。[[建長]]元年([[1249年]])には[[四天王寺]]の別当に任ぜられる。