「リボザイム」の版間の差分

編集の要約なし
'''リボザイム''' (ribozyme) は、[[触媒]]としてはたらく[[リボ核酸]] ([[RNA]]) のこと<ref name="Kikuchi">{{Cite journal |和書|author=菊池洋|title=RNA酵素|date=1988|publisher=日本醸造協会|journal=日本醸造協会誌|volume=83|issue=2|doi=10.6013/jbrewsocjapan1988.83.93|pages=93-98}} </ref>。'''リボ酵素'''ともよばれる。[[トーマス・チェック]]、[[シドニー・アルトマン]]によって発見された(両名はこの功績により1989年に[[ノーベル化学賞]]を受賞している)
 
以前は、生体反応はすべて[[タンパク質]]でできた触媒である[[酵素]]が制御していると考えられていた<ref name="Kikuchi"/>。しかし、一部の反応はRNAが制御していることが見出され、これをRNAと酵素 (Enzyme) に因んで'''リボザイム'''と命名された。
 
リボザイムは[[テトラヒメナ]]の研究中に見つけられたものである<ref name="Kikuchi"/>。リボザイムは特定の配列を有するRNA鎖であり、それだけ単体でRNA自身を切断したり、貼り付けたり、挿入したり、移動したりする活性・能力(自己[[スプライシング]]機能)を持っている<ref name="Kikuchi"/>。つまり、RNAが自分で自分を編集することを可能にしている。リボザイムは、RNAの翻訳産物である[[蛋白質|タンパク質]]の多様化に非常に貢献していると考えられている。
 
リボザイムの発見は、RNAが[[遺伝情報]]と[[反応]]の両方を扱うことができることを証明し、[[生命の起源]]時はRNAが重要な役割を果たしていたとする[[RNAワールド]]仮説を生み出すきっかけとなった。また[[ヒト免疫不全ウイルス]] (HIV) 治療の新たな戦略になる可能性を提供し、幅広く研究が行われている。
 
==出典==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
* [[リボ核酸]]
 
<!-- == 参考文献 == -->
<!-- == 外部リンク == -->
 
{{Biosci-stub}}