「武洲丸」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
 
== 船歴 ==
丸は、[[横浜市]][[鶴見区 (横浜市)|鶴見区]]の[[浅野造船所]]で建造され、1918年(大正7年)に[[進水式|進水]]した。武丸の同型船として勢洲丸、相洲丸、対洲丸の3隻が同所で建造されており<ref name="T9senmei100" />、武洲丸型と称されることもある<ref name="iwashige45">[[#岩重|岩重(2011年)]]、45頁。</ref>。竣工時の[[トン数]]は1,219総トン<ref name="T8senmei104">[[逓信省]]管船局(編) 『大正八年 日本船名録』 帝国海事協会、1919年、104頁。</ref>。[[船尾]]に機関室、船体中央に[[船橋 (船)|船橋]]を置いた形式の小型貨物船である<ref name="meibo" />。小型船に珍しく吊上げ能力が大きなヘビー[[デリック]]を装備しているのが特色で、設備の不十分な港湾での荷役や重量物運搬に適した設計だった。本船の設計は、後に、[[東海道本線]][[丹那トンネル]]用の25m[[軌条]]運搬を目的として浅野造船所が建造した長尺物運搬船八幡丸(日之出汽船、1,851総トン)型10隻の原型に流用されて好評を博し、小型化された豊国丸型4隻、拡大型の五十鈴丸型2隻、第二靑山丸型(D型平時標準船)47隻、1D型[[戦時標準船]]22隻、その他数隻に派生した。これら貨物船はまとめて[[日之出型貨物船]]と称された<ref name="iwashige45" />。
 
丸は[[浦賀]]の株式会社佐藤商店<!--佐藤商会とするウェブサイトがあるが船名録では「商店」-->が船主となり、初めは若葉丸と命名された<ref name="T8senmei104" />。同型船3隻が浅野造船所の[[在庫|ストックボート]]となり<ref name="T9senmei100" />、後に同じ[[浅野財閥]]系の日之出汽船へ引き取られたのと経緯が異なっている。その後、[[1926年]](大正15年・昭和1年)に若葉丸も日之出汽船に取得され<ref>逓信省管船局(編) 『昭和二年 日本船名録』 帝国海事協会、1927年、103頁。</ref>、翌年までに武洲丸と改名した<ref>逓信省管船局(編) 『昭和三年 日本船名録』 帝国海事協会、1928年、84頁。</ref>。
 
[[太平洋戦争]]中も武洲丸は軍の[[徴用]]を受けず民需用の商船として運航されたが、開戦半年前の[[1941年]](昭和16年)5月11日付で、民間商船のまま乗員は海軍[[軍属]]として扱われる海軍指定船に指定されている<ref name="sitei">[[第二復員省|第二復員局]]残務処理部 『海軍指定船名簿』 1952年4月作成、JACAR Ref.C08050091700、画像7枚目。</ref>。開戦後に[[船舶運営会]]が創設されると、武洲丸も他の全て民需船と同様に国家徴用され、船舶運営会が運航実務者に選定した[[山下汽船]]を通じて管理されることになった<ref name="sitei" />。
武洲丸に最期が訪れたのは、太平洋戦争後期の[[1944年]](昭和19年)9月である。9月8日に[[台湾]]の[[基隆港]]を[[那覇港]]に向け出港したタカ808船団に加入し、途中でアメリカの潜水艦[[スペードフィッシュ (潜水艦)|スペードフィッシュ]]の襲撃で僚船4隻が沈没しながらも<ref>[http://www.ibiblio.org/hyperwar/USN/USN-Chron/USN-Chron-1944.html Cressman (1999) , pp. 535-536.]</ref>、武州丸は無事に那覇へ到着した{{#tag:ref|タカ808船団は[[マニラ]]方面から来た鉱石運搬船主体の船団を基隆で改編したもの。参加した船舶は、駒宮(1987年)によれば輸送船8隻と水雷艇「[[真鶴 (千鳥型水雷艇)|真鶴]]」以下の護衛艦5隻だが<ref>[[#駒宮|駒宮(1987年)]]、251頁。</ref>、[[海上護衛隊#第四海上護衛隊|第四海上護衛隊]]・[[海軍根拠地隊|沖縄方面根拠地隊]]の戦時日誌によれば、輸送船29隻および「真鶴」以下護衛艦7隻となっている<ref>[[#海護|『第四海上護衛隊 沖縄方面根拠地隊戦時日誌』]]、画像4枚目。</ref>。沈没したのは日安丸(日産汽船:6197総トン)、日満丸(東亜海運:1922総トン)、神天丸([[商船三井|大阪商船]]:1254総トン)および昭慶丸(東和汽船:2557総トン)の輸送船4隻。|group="注"}}。そして、[[徳之島]]から九州本土へ疎開する民間人を運ぶため、船団とは別れて[[奄美大島]]へ向かった。当時、アメリカ軍の上陸に備えるため、南西諸島各地で女性・子供・高齢者の本土および[[台湾疎開]]が勧告されていた{{#tag:ref|南西諸島からの疎開は、[[サイパンの戦い]]での日本軍敗北をきっかけに1944年7月7日に緊急閣議決定され、奄美大島・徳之島・[[沖縄本島]]・[[宮古島]]・[[石垣島]]が対象地域だった。沖縄からの疎開だけで1945年3月上旬までに陸海軍船のべ187隻が投入され、対馬丸を失いながらも、8万人以上を無事に移送している<ref>[[防衛研究所|防衛庁防衛研修所]]戦史室 『沖縄方面陸軍作戦』 朝雲新聞社〈[[戦史叢書]]〉、1968年、614-616頁。</ref>。|group="注"}}。
 
奄美大島の[[古仁屋]]に到着した武洲丸は、[[鹿児島港]]から奄美大島[[名瀬港]]経由で来た姉妹船相洲丸と合流。古仁屋で、小船によって徳之島から集合していた疎開者の搭乗を開始した。15歳未満の子供77人を含む民間人154人が乗り込んだほか、陸海軍関係者24人が便乗した。乗員側は、軍属船員36人と自衛火器を操作する[[船舶警戒部|海軍警戒隊]](人数不明)である<ref name="syugiin" />。船倉を居住区画として使用したほか、船倉内は暑いため上甲板にも3番[[デリック]]を中心に日除け[[テント]]を張って寝泊まりした。なお、相洲丸は先に名瀬港で杭木500トンを積んでおり、疎開者の家財類を担当した<ref name="oshima52">大島[[防備隊]] 『自昭和十九年九月一日至昭和十九年九月三十日 大島防備隊戦時日誌』 JACAR Ref.C08030438800、画像52枚目。</ref><ref>安藤(1992年)、「[http://www7.ocn.ne.jp/~fukuji71/syukkou.htm 第4章 出港]」</ref>。
 
9月24日朝、武洲丸相洲丸の2隻で編成された臨時ナカ502船団は、[[第一号型駆潜特務艇|第89号駆潜特務艇]]と[[第一号型駆潜特務艇|第200号駆潜特務艇]]の護衛で奄美大島から出航した。7.5[[ノット]]のゆっくりした速度で、26日午前に鹿児島到着予定であった<ref name="oshima52" />。2晩目に入った25日午後9時2分頃、[[諏訪之瀬島]]北西13km付近の洋上を雷雨をついて航行していた武洲丸は<ref name="maehasi8384">[[#前橋|前橋(2004年)]]、83-84頁。</ref>、アメリカの潜水艦[[バーベル (SS-316)|バーベル]]から雷撃された。バーベルの魚雷が命中した武洲丸は急速に浸水し、{{coor dm|29|46|N|129|40|E|}}の地点で沈没した<ref name="cressman545">[http://www.ibiblio.org/hyperwar/USN/USN-Chron/USN-Chron-1944.html Cressman (1999) , p. 545.]</ref>。相洲丸は[[爆雷]]で反撃しつつ離脱し<ref>安藤(1992年)、「[http://www7.ocn.ne.jp/~fukuji71/busyumaruyarareru.htm 第6章 武州丸やられる]」</ref>、護衛艦が救助活動を行ったが収容されたのはわずかで、疎開者148人・便乗軍関係者18人・軍属船員11人・海軍警戒隊員5人の計182人が死亡した<ref name="syugiin" />。なお、日本海軍は[[宿毛海軍航空隊|第453海軍航空隊]]と[[佐世保海軍航空隊#第九五一海軍航空隊の発足|沖縄海軍航空隊]]古仁屋派遣隊の[[水上機]]を出動させて27日まで対潜掃討を行ったが、成果は無かった<ref>[[#海護|『第四海上護衛隊 沖縄方面根拠地隊戦時日誌』]]、画像7、13-17枚目。</ref>。
 
== 慰霊等 ==