「ダックテイルズ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
タグ: 2017年版ソースエディター
m
[[ドナルドダック|ドナルド]]が就職面接に行く日の朝、ベビーシッターの手配が上手くいかず、仕方なく三つ子の甥[[ヒューイ・デューイ・ルーイ]]を大富豪の伯父[[スクルージ・マクダック]]に預けることにする。スクルージはかつて世界一の冒険家として名を馳せていたが、冒険をやめて既に10年が経っていた。ドナルドと何か因縁がある様子で、自邸にやってきた三つ子にも厳しく接する。軟禁され、暇を持て余していた三つ子の前に、変わり者の女の子ウェビーが現れる。ウェビーはスクルージ邸の家政婦、ミセス・ビークリーの孫娘で、同年代の友達が全くおらず、やってきた三つ子を見て大喜びする。4人はスクルージの倉庫へ暇つぶしに行くが、そこでスクルージが冒険で手に入れた財宝の呪いを解いてしまうなど、騒ぎを起こしてしまう。スクルージはその解決に奔走する中で冒険の楽しさや家族の大切さを思い出し、三つ子やドナルドと共に暮らすことにする。同時に、ドナルドはかつてスクルージの冒険のパートナーだったことも明かされた。(#1・2)
 
デューイは、倉庫の絵画にスクルージ、ドナルドに加え、まだ見ぬ母とおぼしき女性(デラ・ダック)が描かれているのを見て、ウェビーと共にデラ失踪の謎を解き明かそうとする。2人が邸宅の書庫でデラのことを調べると、「セレネの槍」が深く関わっていることを知る。最初は2人だけでその秘密を追うが、最終的にはヒューイ、ルーイもそこへ加担する。一方、ウェビーはふとしたことから年上の女の子リナと親友になり、邸宅へ招き入れる仲となる。ところが彼女は闇の魔女でおばのマジカ・デ・スペルに取り憑かれており、行動を制限されていた。マジカもまたスクルージと因縁があり、2人の友情を利用して彼が持つ幸運の[[10セント硬貨 (アメリカ合衆国)|10セントコイン]]を奪う機会を狙っていた。(#3・10514)11・22)
 
ある時、スクルージは三つ子とウェビーがデラの謎を追っていたことを知ってしまい、真相を語る――10年前まで、スクルージはドナルド、デラと共に冒険して回っていたが、世界中行き尽くした3人は宇宙を目指すことにする。デラはもうすぐ産まれてくる子供達に星を贈りたいと考えていたが、ドナルドは危険だと反対していた。見かねたスクルージはサプライズで「セレネの槍」と名付けたロケットを造り、それを出産祝いにしようとしたが、これを知ったデラは無断で飛び立ってしまう。スクルージはデラの性格から無理に止められずにいたが、そのまま行方不明になってしまった。これによりスクルージとドナルドは険悪になり、残されたデラの子供達はドナルドが世話をすることになった――。これを聞いた三つ子は、母を失ったのはスクルージがデラを無理にでも止めなかったせいだと考え、非難する。口論の末、スクルージは再びドナルドらと険悪になり、自邸で独居する。(#23)
 
=== シーズン2 ===
月に不時着したデラは無事だったが、怪物の妨害でセレネの槍を直せず月で10年が経つ。月の[[将軍]]ルナリスと[[中尉]]ペナンブラから月の住民もその怪物に脅かされてきたことを知ったデラは、持ち前の優しさで怪物と和解する。ルナリスはデラが平和をもたらしたことを称えてセレネの槍の修復を助けるが、ペナンブラはデラを不審がり、地球人が月を侵略するための先鋒として思い込み敵視する。一方、月の住民たちはデラの思い出話で地球に憧れを抱き、デラと一緒に地球へ行こうと約束する。やがて修復は完了するが、ペナンブラはデラだけ一人を無理矢理地球に送り返す。デラは起ち際にセレネの槍の設計図をペナンブラに手渡し、ロケットを造って住民の願いを叶えるよう伝えた。彼女はデラの優しさが本物だったことに気付くが、陰で一部始終を見ていたルナリスは住民たちにデラは裏切り者であると嘘を教える。ペナンブラが突如豹変したルナリスを問いただすと、地球を恐れるばかりでなくこちらから先制攻撃をする必要があり、そのためには住民に地球人への憎悪を煽る必要があるのだと言う。(#32・36)
 
ドナルドが子育てに疲弊する姿を見たスクルージ達は、彼に[[クルーズ客船|クルーズ旅行]]を贈る。ドナルドはその出際にセレネの槍が着陸するのを見て駆け寄るが、デラを捜すうちに誤ってセレネの槍を発射させ月へ飛び立ってしまう。デラは既に脱出しており、スクルージとの再会を果たす。最初は初めて会う息子や家族の変化に戸惑うが、母親としての振る舞いを模索しながら、家族に溶け込んでいく。(#37)
 
== キャラクター ==
:声 - / 英 - [[パジェット・ブリュースター]]
:ドナルドの双子の姉で、三つ子の母親。一度やると決めたら最後までやり遂げる性格。ドナルドやスクルージと共に数々の冒険を経験してきたが、スクルージが建造したロケット「セレネの槍」に無断で乗り込み、準備不足のまま飛び立ったことで月から戻れなくなった。当時息子たちは誕生直前だったが、その姿を見ないまま10年に渡り月面生活を送ってきた。
:地球に帰還してすぐのうちは母親としての立ち振る舞いに悩むが、最終的には家族として馴染むことができた。息子にはそれぞれジェット(ヒューイ)、ターボ(デューイ)、レベル(ルーイ)と名付けようとしていたが、誕生時に不在だったため、ドナルドが名付けた。
;ジャイロ・ギアルーズ(Gyro Gearloose)
:声 - / 英 - [[ジム・ラッシュ]]
;フリントハート・グロムゴールド(Flintheart Glomgold)
:声 - [[野川雅史]] / 英 - [[キース・ファーガソン]]
:世界で二番目の億万長者で、グロムゴールド社の社長旧作ではスクルージからフリント♡世界一の大金持ちの座を狙っており、隙あらばスクルージを亡き者にしたがる卑劣な悪者。場合によっては従業員すらも平然と見捨てる。計画に無駄が多く、どこかドジで間抜けな性格は旧作とかわらず、本作はその面が強調されている。スクルージと同じスコットランドの出身で民族衣装のキルトを着ている。髭は付け髭のため交換可能。億万長者クラブのメンバー
:マジカが街を荒らした際に行方不明となり、その間はザン・オウルソンという女性がグロムゴールド社の[[最高経営責任者|CEO]]を代行していた。復帰して以降もオウルソンは秘書として残り、事あるごとに彼の破天荒な発言を諭している。
:億万長者クラブのメンバー。
;マーク・ビークス(Mark Beaks)
:声 - [[白川周作]] / 英 - [[ジョシュ・ブレナー]]
:ハイテク企業ワドル社の創設者でCEO(CEO(最高経営責任者)を務める、凄腕若手実業家のアフリカングレイパロット。預金は本物だが自身の利益や名誉のことしか考えておらず、従業員の地位も気分次第な口先だけの自己中。嘘の新商品の企画書を宣伝して投資させるなど、詐欺同然の行為もしている。魔法少女アニメのファンという設定がある。
:自分の評判を上げるために常にスマホを離さず、すぐにSNSにアップし、スマホのスペアも何個かある。億万長者クラブに入りたがったが、スクルージだけでなく悪党のフリントハグロムゴルドにすら相手にされなかった。スクルージのまぬけな噂を広めようと頑張っている。ジャイロが発明したギズモ・ダックに興味を持ち、いつか自分のものにしようとしている。
;ビーグル "ママ"(Ma Beagle)
:声 - / 英 - [[マーゴ・マーティンデイル]]