「マルチリンク式サスペンション」の版間の差分

m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
== 概要 ==
[[File:Lotus 49-2.JPG|thumb|left|250px|[[ロータス・49]]のリアサスペンション。アップライトを上I形、下逆A形のラテラルリンクと、バルクヘッドからの上下ラジアスリンクが支持している。]]
1960年代から1970年代にかけて、[[レーシングカー]]<ref group="注釈">[[フォーミュラカー|フォーミュラ]]や[[二座席レーシングカー]]など</ref>や[[スポーツカー (モータースポーツ)|スポーツカー]]に'''4リンク'''構成のリアサスペンション (駆動輪の懸架) が多く用いられた。これは上Iアームと下リバースAアームで保持される[[アップライト]]を上下に配した2本の長いトレーリングリンクで前後位置決めするもので、当時[[フォード・モーター]]はこれを'''マルチリンクサスペンション'''と称していた<ref>R. C. Lunn, ''"The Ford GT sports car," SAE Technical Paper'', New York: Society of Automotive Engineers, 1967, p. 10.</ref>。
 
1982年、[[ダイムラー・ベンツ]]が[[セミトレーリングアーム|セミトレーリングアームサスペンション]]の限界を打破すべく'''5リンク'''構成のリアサスペンションを開発し、[[メルセデス・ベンツ 190E]]に初採用した。ダイムラーベンツではこのサスペンションを'''ラウムレンカーアハゼ''' (Raumlenkerachse, 空間接続車軸≒スペースリンク式サスペンション) と称し、以後その構成を大きく変えることなく、主なメルセデスベンツのリアサスペンションとして採用されている<ref>Dirk{{Cite Johae, 13.05.2014web [|url=https://www.auto-motor-und-sport.de/reise/technik-der-raumlenkerachse-revolution-an-der-hinterachse/ |title=Technik der Raumlenkerachse, Revolution an der Hinterachse] auto motor u. Sport, 13.05.2014.|accessdate=2019-10-14}}</ref>。
 
ダブルウィッシュボーンが円弧軌道に運動を拘束された上下二つのサスペンションアームによって構成されるのに対し、マルチリンクは''独立した数本のアーム''から成る。全てのアームが物理的に離れた存在となることで配置の自由度が増し、よりきめ細やかなセッティングを出すことが可能となる。
 
996型[[ポルシェ・911]]のように、I アームとセミトレーリングアームを組み合わせたようなものでも「仮想転舵軸」が存在するので、あくまで複数(主に4本以上)のアームによって構成されたサスペンションの総称というわけではない。
 
==種類==
支持アームが4本以上のものを基本的にマルチリンクとすることが多いが、2本に減らしたデュアルリンク式もマルチリンクの1例とされている。前後方向の支持剛性を有するA字型アームを、前後の平行リンクに分割してデュアルリンクにしたものである。