「元弘」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
'''元弘'''(げんこう)は、[[日本]]の[[元号]]の一つ。[[元徳]]の後、[[建武 (日本)|建武]]の前。[[1331年]]から[[1334年]]までの期間を指す。この時代の[[天皇]]は[[後醍醐天皇]]。[[鎌倉幕府]]将軍は[[守邦親王]]、[[執権]]は[[北条守時]]。
 
== 改元 ==
元徳3年[[5月5日 (旧暦)|5月5日]]([[ユリウス暦]][[1331年]][[6月10日]])、後醍醐天皇を中心とした倒幕計画が発覚し、それに関わった者たちに対する鎌倉幕府による厳しい追及が行われていた。その最中の[[8月9日 (旧暦)|8月9日]]([[9月11日]])、後醍醐天皇は「元徳」から「元弘」へと改元して鎌倉幕府にも詔書を下したが、幕府はこれを認めず「元徳」を使い続ける(『[[関城書]]』[[裏書]])とともに、[[9月20日 (旧暦)|9月20日]]([[10月22日]])には[[光厳天皇]]を新たな天皇として即位させた。
匿名利用者