「小栗風葉」の版間の差分

m
→‎来歴: 画像直し(スイマセン)
m (生誕地画像投入)
m (→‎来歴: 画像直し(スイマセン))
 
== 来歴 ==
[[FileOguri_Fuyo_SeikaFile:Oguri_Fuyo_Seika.jpg|thumb|小栗風葉の生家があった場所。菜種商だった美濃半は現在薬局になっている。薬局右側に見える小栗風葉誕生の地の碑は、妹の義理の子に当たる哲学者・梅原猛によるもの。]]
 
愛知県[[知多郡]][[半田町 (愛知県)|半田町]](現[[半田市]])に薬種商(美濃半)の長男として生まれる。幼名磯平、のち磯夫と改めた。少年の頃から近世稗史小説を好み、[[柳亭種彦]]、[[為永春水]]らを耽読、また[[嵯峨の屋おむろ]]「初恋」などに感動し、『少年園』などに投稿、1889年家業を継ぐための勉強のため上京して[[済生学舎]]、商業素修学校を経て、[[錦城学園高等学校|錦城中学校]]に学ぶ。1891年高等学校の入試に失敗し一時不良となるが、文学に志を持ち、家業は弟に任せ[[尾崎紅葉]]に入門、1893年九州を放浪し、その経験をもとに「片靨」を書き[[読売新聞]]に掲載。1894年に徴兵検査のため一旦帰京するが、家族と進路について対立した末に[[廃嫡]]される。再び上京後、兄妹の[[近親相姦]]を扱った「寝白粉」を1896年『[[文芸倶楽部|文藝倶楽部]]』に発表、ついで「亀甲鶴」を[[幸田露伴]]の紹介で『新小説』に発表し文名を確立した。1900年に[[豊橋市]]の素封家加藤倉次の長女の加藤籌子(かずこ)と結婚して婿養子となる。
 
[[田山花袋]]と親しく、花袋の示唆で西洋文学を読み、[[エミール・ゾラ]]、[[ギ・ド・モーパッサン]]、[[ショーペンハウエル]]などに影響を受け、数々の作品を発表、門下に[[岡本霊華]]、[[真山青果]]、[[中村武羅夫]]がいるが、彼らによる代作が多く、のち名声を落す一因となった。また師紅葉が『[[金色夜叉]]』を未完のまま死ぬと、その続き『終編金色夜叉』を執筆した。