「津谷典子」の版間の差分

(日本人口学会会長の追加)
[[三重県]]出身<ref>[https://www.amazon.co.jp/dp/4562091207#productDescription 『人口減少時代の日本社会-人口学ライブラリー』著者について] - Amazon.co.jp</ref>。1977年[[南山大学]][[外国語学部]][[英米]]科卒業。1986年[[シカゴ大学]][[大学院]]博士課程修了、[[Ph.D.]]<ref name="gi"/>。夫の[[津谷正明]]([[ブリヂストン]]会長兼CEO)とはシカゴ大学[[留学]]中に知り合った<ref>[https://style.nikkei.com/article/DGXMZO89388170W5A710C1TY5000?channel=DF260120166500 「第一線で活躍する妻を支える デキる夫は内助も一流」]日本経済新聞社2015/7/18</ref>。
 
[[東西センター]]人口研究所リサーチ・[[フェロー]]を経て、1989年[[日本大学]]人口研究所助教授。1993年[[日本大学経済学部]]助教授。1998年[[慶應義塾大学経済学部]]教授。2001年[[カリフォルニア工科大学]][[客員教授]]<ref name="gi"/>。2018年より[[日本人口学会]]会長。2019年[[内閣府]][[統計委員会]][[委員]]<ref>[https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50903740R11C19A0905M00/ 人事、内閣府]日本経済新聞(2019/10/14 5:00)</ref>
 
"Prudence and Pressure: Reproduction and Human Agency in Europe and Asia, 1700-1900"で第13回(2012年)[[日本人口学会]]賞受賞<ref>[http://www.paoj.org/award/previous-reasons.html]</ref>。2014年同書で[[義塾賞]]受賞<ref name="gi">[http://www.econ.keio.ac.jp/about/t_interview/staff65 歴史人口研究から忍耐とオープン・マインドの大切さを学んだ]慶應義塾大学</ref>。
 
== 著書 ==
*『なぜ日本人口は減少するのか : 平成14年将来人口推計の意味』慶應義塾経済学会 2003年