「ブロックチェーン」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎R3: 不要なリピートを削除。)
翌年にコンソーシアムを爆発的に拡大させた。2015年9月15日の参加者は次の通り。[[バークレイズ]]、[[ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行]]、[[オーストラリア・コモンウェルス銀行]]、[[クレディ・スイス]]、[[ゴールドマン・サックス]]、[[JPモルガン]]、[[ロイヤルバンク・オブ・スコットランド]]、[[ステート・ストリート]]、[[UBS]] の9社であり、ここまでは日本でも幾つかのサイトで報じられている<ref>{{Cite web|publisher=Coin Portal|url=https://www.coin-portal.net/2015/09/16/1879/|title=世界的な投資銀行がブロックチェーン・イニシアティブを支援|date=2015/09/16|accessdate=2016-04-28}}{{リンク切れ|date=2018年3月 |bot=InternetArchiveBot }}</ref>。2週間後、新たに13社が参加。内訳は次の通り。[[バンカメ]]、[[バンク・オブ・ニューヨーク・メロン]]、[[シティグループ]]、[[コメルツ銀行]]、[[ドイツ銀行]]、[[HSBC]]、[[三菱UFJフィナンシャル・グループ]]、[[モルガン・スタンレー]]、[[ナショナルオーストラリア銀行]]、[[カナダロイヤル銀行]]、[[SKF]]、[[ソシエテ・ジェネラル]]、[[トロント・ドミニオン銀行]]<ref>{{cite web|url = http://www.ft.com/intl/cms/s/0/72ffd222-66be-11e5-97d0-1456a776a4f5.html|title = Blockchain initiative pulls in another 13 banks|author = Kadhim Shubber|accessdate=2016-04-28|work = [[Financial Times]]|quote = The addition of the banks, which also include HSBC, BNY Mellon, Deutsche Bank and seven others, is a sign the industry is gathering behind R3 in one potential implementation of the distributed ledger technology behind the currency bitcoin.}}</ref>。10月28日に[[みずほ銀行]]、[[ノルデア銀行]]、[[ウニクレディト]]が参加<ref>{{cite web|url = http://uk.reuters.com/article/2015/10/28/uk-global-banks-blockchain-idUKKCN0SM1UH20151028|title = Three banks join R3 blockchain consortium taking total to 25|author = Jemima Kelly|accessdate=2016-04-28|work = [[Reuters]]}}</ref>。11月19日に[[パリバ]]、[[ウェルズ・ファーゴ]]、[[INGグループ]]、[[マッコーリー銀行]]、[[CIBC]]が参加<ref>{{cite web|url = http://www.reuters.com/article/2015/11/19/global-banks-blockchain-idUSL8N13E36B20151119#qjEHsbbmh1BWGfT5.97|title = R3 blockchain group adds 5 banks, brings in technology heavyweights|author = Jemima Kelly||accessdate=2016-04-28|work = [[Reuters]]}}</ref>。12月17日には12社も加勢した。顔ぶれは以下。[[モントリオール銀行]]、[[ダンスケ銀行]]、[[インテーザ・サンパオロ]]、[[ナティクシス]]<ref>[[GPIF]]運用受託者の1つ</ref>、[[野村証券]]<ref>[[日銀]]に対し[[ユーロクリア]]と日本国債の世界市場進出をアピール。</ref>、[[:en:Northern Trust|ノーザン・トラスト]]、[[:en:OP Financial Group|OP Financial Group]]、[[サンタンデール銀行]]、[[スコシアバンク]]、[[三井住友銀行]]、[[:en:U.S. Bancorp|U.S. Bancorp]]、[[ウエストパック銀行]]<ref>{{cite web| url = http://r3cev.com/s/PRESS-RELEASE-R3-distributed-ledger-initiative-grows-to-42-bank-members-and-extends-reach-FINAL.pdf|title = R3’s distributed ledger initiative grows to 42 bank members and looks to extend reach to the broader financial services community|accessdate=2016-04-15}}</ref>。
 
2016年2月16日みずほ銀行が、[[電通国際情報サービス]]、[[#ブロックチェーン推進協会|カレンシーポート<ref>[https://www.money365.online/temporary_pause.html/ Money365サービスの一時休止について(事実上事業停止状態)]</ref>]][[ブロックチェーン#cite%20note-33|<span class="mw-reflink-text">[33]</span>]][[ブロックチェーン#cite%20note-33|<span class="mw-reflink-text">[33]</span>]][[ブロックチェーン#cite%20note-33|<span class="mw-reflink-text">[33]</span>]][[ブロックチェーン#cite%20note-33|<span class="mw-reflink-text">[33]</span>]][[ブロックチェーン#cite%20note-33|<span class="mw-reflink-text">[33]</span>]][[ブロックチェーン#cite%20note-33|<span class="mw-reflink-text">[33]</span>]][[ブロックチェーン#cite%20note-33|<span class="mw-reflink-text">[33]</span>]][[ブロックチェーン#cite%20note-30|<span class="mw-reflink-text">[30]</span>]][[ブロックチェーン#cite%20note-35|<span class="mw-reflink-text">[35]</span>]]、マイクロソフト[[ブロックチェーン#cite note-35|<span class="mw-reflink-text">[35]</span>]][[ブロックチェーン#cite note-37|<span class="mw-reflink-text">[37]</span>]]、の三社とブロックチェーンの実証実験に臨み提携した<ref>{{Cite web|publisher=みずほ銀行|url=https://www.mizuho-fg.co.jp/release/20160216release_jp.html|title=【FinTech】~国内企業4社協働による取り組み~ブロックチェーン技術の実証実験開始について|date=2016年2月16日|accessdate=2016-11-15}}</ref>。3月8日には[[#ハイパーレッジャー・プロジェクト|富士通]]とも実証実験を共同している<ref>{{Cite web|publisher=みずほ銀行|url=https://www.mizuhobank.co.jp/release/pdf/20160308release_jp.pdf|title=みずほ銀行と富士通、国境を越えた証券取引の決済プロセス効率化に向けた実証実験を実施|date=2016年3月8日|accessdate=2016-11-15}}</ref>。
 
2016年3月14日、R3へ[[SBIホールディングス]]が参加を発表した。2月末時点で42の金融機関が参加している<ref>{{Cite web|publisher=SBI|url=http://www.irstreet.com/etrade/brand/document.php?brand=143&document_url=https%3A//ircms.irstreet.com/contents/data_file.php%3Ftemplate%3D396%26brand%3D143%26folder_contents%3D17570%26src_data%3D187884%26filename%3Dpdf_file.pdf&url=http%3A//www.irstreet.com/etrade/brand/contents.php%3Fbrand%3D143%26contents%3Dnewsrelease|title=米国のフィンテック企業R3CEVが主導するブロックチェーンコンソーシアム「R3」への参加に関するお知らせ|date=2016年3月14日|accessdate=2016-04-28}}</ref>。4月25日、''[[:en:Hana Financial Group|Hana Financial Group]]'' と[[イタウ・ウニバンコ]]が参加していたことが分かった<ref>{{Cite web|url=http://www.coindesk.com/brazils-bank-itau-blockchain-consortium-r3/|title=Brazil’s Bank Itaú Joins R3 Blockchain Consortium - CoinDesk|date=2016-04-25|website=CoinDesk|language=en-US|access-date=2016-05-24}}</ref>。6月23日には[[トヨタファイナンシャルサービス]]も参加していた<ref>{{Cite web|url=http://www.ibtimes.co.uk/toyota-financial-services-joins-r3-distributed-ledger-consortium-1567087/|title=Toyota Financial Services joins R3 distributed ledger consortium|work = International Business Times|access-date = July 12, 2016}}</ref>。11月3日、[[ABNアムロ銀行]]が参加していた<ref>{{Cite web|publisher=CoinDesk|url=http://www.coindesk.com/abn-amro-r3-blockchain/|title=ABN Amro Joins R3 Blockchain Consortium|date=2016年11月3日|accessdate=2016-11-10}}</ref>。ABNアムロは10月から[[:en:Delft University of Technology|デルフト工科大学]]と共同開発に臨んでいる<ref>{{Cite web|publisher=FinExtra|url=https://www.finextra.com/newsarticle/29665/abn-amro-explores-blockchain-with-dutch-university|title=ABN Amro explores blockchain with Dutch university|date=2016年10月27日|accessdate=2016-11-10}}</ref>。
 
同団体による狭義のブロックチェーンとは、「[[ビザンチン将軍問題|ビザンチン障害]]を含む不特定多数のノードを用い、時間の経過とともにその時点の合意が覆る確率が0へ収束する[[プロトコル]]、またはその実装」をさす。同団体による広義のブロックチェーンとは、「[[電子署名]]と[[ハッシュテーブル|ハッシュポインタ]]を使用し改竄検出が容易なデータ構造を持ち、且つ、当該データをネットワーク上に分散する多数のノードに保持させることで、高可用性及びデータ同一性等を実現する技術」をさす。
 
== 研究者 ==
 
* [[越塚登]](東京大学 情報学環 教授)
* [[大澤昇平]](東京大学 情報学環 特任准教授)
* [[首藤一幸]](東京工業大学 准教授)
 
== 脚注 ==
253

回編集