「ホルベアの時代から」の版間の差分

m
== 内容 ==
*第1曲:[[前奏曲]] Allegro vivace [[ト長調]]
*:バロックの[[組曲]]のスタイルに倣ったため、前奏曲が置かれる。ピアノ版は[[トッカータ]]や[[常動曲|無窮動]]のように疾走するが、弦楽版は無窮動な部分の各音をパートに分割。よりバロックらしく、リズミカルな印象を与える編曲が行われている。5曲中では最も有名
*第2曲:[[サラバンド]] Andante espressivo ト長調
*:[[三部形式]]。前奏曲とは対照的に穏やかな舞曲。弦楽合奏版では中間部でチェロのソロが入る。