「天地開闢 (日本神話)」の版間の差分

style[脚注]/ +{要ページ番号}(x1)
(→‎参考文献: style[書式を整える。脚注の整理整頓の下準備])
(style[脚注]/ +{要ページ番号}(x1))
[[Image:Creation myths of Japan.svg|thumb|right|200px|天地開闢 [[media:Creation myths of Japan.svg|SVGで表示(対応ブラウザのみ)]]]]一般に、日本神話の天地開闢といえば、近代以降は『古事記』冒頭の「天地初発之時」(あめつちのはじめのとき)が想起される。ただし、ここには天地がいかに創造されたかの記載はない。<!--古事記が読めるようになったのは本居宣長の画期的研究『古事記伝』によるから-->なお、神話研究における「天地開闢」は次節の『[[天地開闢 (日本神話)#|日本書紀]]』参照。
 
世界の最初に、[[高天原]]に相次いで三柱の神(造化の三神)が生まれた<ref name="shinwa">[[{{Sfn|戸部民夫]] 『日本神話』 |2003|p=12頁。</ref>}}
*[[天之御中主神]](あめのみなかぬしのかみ)
*[[タカミムスビ|高御産巣日神]](たかみむすひのかみ)
*[[カミムスビ|神産巣日神]](かみむすひのかみ)
続いて、二柱の神が生まれた<ref name{{Sfn|戸部|2003|p="shinwa"/>12}}
*[[ウマシアシカビヒコヂ|宇摩志阿斯訶備比古遅神]](うましあしかびひこぢのかみ)
*[[天之常立神]](あめのとこたちのかみ)
この五柱の神は性別はなく、独身のまま子どもを生まず身を隠してしまい、これ以降表だって神話には登場しないが、根元的な影響力を持つ特別な神である。そのため'''[[別天津神]]'''(ことあまつかみ)と呼ぶ<ref>{{Sfn|戸部民夫 『日本神話』 |2003|pp=12-14頁。</ref>}}
 
次に、二柱の神が生まれた<ref name="shinwa2">{{Sfn|戸部民夫 『日本神話』 |2003|p=14頁。</ref>}}
*[[国之常立神]](くにのとこたちのかみ)
*[[トヨクモノ|豊雲野神]](とよくもののかみ)
国之常立神と豊雲野神も性別はなく<ref name{{Sfn|戸部|2003|p="shinwa2"/>14}}、これ以降、神話には登場しない。
 
引き続いて五組十柱の神々が生まれた。五組の神々はそれぞれ男女の対の神々であり、下のリストでは、左側が男性神、右側が女性神である<ref>{{Sfn|戸部民夫 『日本神話』 |2003|p=15頁。</ref>}}
{| class="wikitable"
! 男性神 !! 女性神
**沫蕩尊の子。
 
天鏡尊、天万尊は[[宋史]]日本伝の引く年代記の他には見えず、また国常立尊・天鏡尊・天万尊・沫蕩尊・伊弉諾尊の並びは当年代記の一部に一致する<ref>{{Harvnb|坂本・家永・井上・大野『日本書紀(一)』岩波文庫、他|1994|p=22ページ}} 注一・二、補注1-二二。</ref>。
 
'''本文'''によれば、国常立尊・国狭槌尊・豊斟渟尊に以上の四組八柱の神々を加えて'''[[神世七代]]'''という。
==解説==
===中国思想の影響===
『[[日本書紀]]』の冒頭「古(いにしえ)に天地未だ剖(わか)れず、陰陽分れざりしとき……」<ref>訓読は『日本古の出文学大系67日:{{Harvnb|坂書紀(上)』(岩波書店|1967|p=}} {{要ページ番号|date=2019)による。10月16日}}</ref>。は[[中国]]の古典の『[[淮南子]]』の「天地未だ剖(わか)れず、陰陽未だ判(わか)れず、四時未だ分れず、萬物未だ生ぜず……」<ref>訓読は『[[新釈漢文大系]]54淮南子(上)』([[明治書院]]の出典:{{Harvnb|楠山|1979年p85)|p=85}} [[楠山春樹]]のものによるもの。</ref>によっているとする説<ref>『日{{Sfn|坂古典文学大系67日本書紀(上)』岩波書店|1967年p543。</ref>|p=543}}がある。
 
== 脚注 ==
{{Reflist|2}}
 
== 参考文献 ==
* <!--さかもと-->{{Cite book |和書 |author=[[坂本太郎 (歴史学者)|坂本太郎]] |editor= |date=1967-03-31 |title=日本書紀 上 |edition= |publisher=[[岩波書店]] |series=日本古典文学大系 67 |isbn=978-4-00-060067-5 |ref={{SfnRef|坂本|1967}} }}
* {{Cite book |和書 |author1=[[坂本太郎 (歴史学者)|坂本太郎]] |author2=[[井上光貞]] |author3=[[家永三郎]] |author4=[[大野晋]] |date=1994-09-16 |title=日本書紀 (1) |publisher=岩波書店 |series=[[岩波文庫]] 4-1 |isbn=978-4-00-300041-0 |ref={{SfnRef|坂本他|1994}} }}
* <!--とべ-->{{Cite book |和書 |author=[[戸部民夫]] |others=神谷礼子 画 |date=2003-10-26 |title=日本神話─神々の壮麗なるドラマ |edition=初版 |publisher=[[新紀元社]] |series=[[Truth In Fantasy]] 63 |isbn=978-4-7753-0203-3 |ref={{SfnRef|戸部|2003}} }}
 
{{日本神話}}{{神道 横}}