「日本国際賞」の版間の差分

編集の要約なし
受賞対象は「物理、化学、工学」と「生命、農学、医学」の二つの領域で幅広い[[科学技術]]分野にわたり、いずれの受賞者も世界的に有名な科学技術者である。なお、受賞対象分野は1年に2つの分野である。受賞者には、[[賞状]]、賞牌、賞金5000万円が贈られる。また、受賞者は生存者のみに限られる。
 
[[日本]]にも[[ノーベル賞]]に匹敵するような賞が必要だとして、[[1981年]]に構想が立てられ、[[松下幸之助]]が基金(私財など約30億円<ref>http://gakudoh.blog67.fc2.com/blog-entry-1005.html</ref>)を提供。[[1983年]]に[[日本国政府]]内で各機関からの協力が閣議決定された<ref>[http://www.japanprize.jp/prize_founding.html 閣議了解] 国際科学技術財団</ref>後、[[1985年]]に第1回の授与式が[[国立劇場]]で行われた。なお、授与式は[[天皇]]・[[皇后]]、[[内閣総理大臣]]、[[衆議院議長]]、[[参議院議長]]、[[最高裁判所長官]]が出席する。
 
== 授賞対象分野 ==