「公安課」の版間の差分

現場で日本共産党・極左暴力集団・右翼団体などの[[捜査]]を行うのが、[[警視庁公安部]]・各道府県警察警備部の公安課である。
 
最大の陣容を誇るのが警視庁公安部の公安課であり、五課体制で合計1100名程の捜査員がいると言われている<ref name="大島">大島真生『公安は誰をマークしているか』[[新潮新書]]、2011年8月20日、ISBN 978-4-10-610433-6。 </ref>。道府県警察本部の規模によって課の数が異なり、大規模警察本部の[[警備部]]は、日本共産党関連事案担当の公安第一課、右翼事案担当の公安第二課、極左事案担当の公安第三課といった三課体制で公安課が設置されている<ref name="大島"/>。小規模な県察本部では「課」が編成できるほど公安担当者の人員が多くな課を設置してためるところは少なく、警備第一の中「公安5~6人体制の『外事右翼』などれている程度である<ref name>[https://gendai.ismedia.jp/articles/-/40542?page="大島"3 北朝鮮拉致問題と背乗り(ハイノリ)第3回 公安警察vs.北朝鮮工作員「ナミが出た!」 竹内明(TBS『Nスタ』キャスター)]</ref>。
 
== 脚注 ==
42

回編集