「ATP合成酵素」の版間の差分

m (→‎歴史: リンクの追加)
== ATP合成酵素の反応 ==
F<sub>1</sub> 部位はATPの反応に寄与しており、それは以下の式で表される。
:[[アデノシン三リン酸|ATP]] <mathce><=>\overrightarrow\longleftarrow</mathce> [[アデノシン二リン酸|ADP]]+Pi([[リン酸]])
 
F<sub>1</sub> 部位ではATPの合成および消費を両方向触媒することが可能である。
 
一方、F<sub>o</sub>部位は[[水素イオン|プロトン]]を透過させる機能があり、以下の式で表される。
: <ce>H^+in\ \overrightarrow\longleftarrow\<=> H^+out</ce>
 
プロトン電気化学的ポテンシャルを用いたATP合成の反応は以下の収支式で表される。