「オヤケアカハチ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
オヤケアカハチの生誕地は[[波照間島]]で、幼少の頃から豪傑としての頭角を表していたという話があるが、不詳。波照間には生誕記念碑<ref>[https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g1132549-d8149610-r550165736-Oyake_Akahachi_Monument-Hateruma_jima_Taketomi_cho_Yaeyama_gun_Okinawa_Prefectu.html 「アカハチ誕生の地」「八重山の英傑 オヤケアカハチの生まれた屋敷跡」]</ref>がある。
 
[[琉球王国|琉球]]側の歴史資料<ref>「[[球陽]]」「[[蔡鐸本 中山世譜]]」「[[中山世鑑]]」</ref>上には大浜の一[[豪族]]として登場している。曰く、「妻は石垣村の[[長田大主]](なあた うふしゅ)の妹の古市(古乙姥[くいつば])。オヤケアカハチは[[八重山列島|八重山]]の首領として島民の広範な支持<ref> 『長榮姓家譜大宗』「堀川原及赤蜂者二人、絶貢謀叛衆皆従之」</ref>を背景に、[[琉球王国|琉球國]]への[[朝貢]](ちょうこう)を2-3年断ち、さらには我が[[臣民]]である[[宮古列島|宮古]]を攻めたため、[[1500年]]2月13日<ref> 『[[球陽]]』「本年二月初二日、那覇開船し、八重山に赴き、赤蜂等を征伐す。大翁主大いに喜び、即ち小船に乗り、海に出でて迎接す。十三日、引きて八重山石垣の境に至る。大里等上岸す。」</ref>に琉球軍の軍船大小100艘、琉球兵3,000人を送り込み、これを討ち取った。」とある。 これが'''[[オヤケアカハチの乱]]'''である。
 
八重山・宮古に現存する諸史料を紐解くと、元来の[[宮古列島|宮古]]・[[八重山列島|八重山]]の両[[先島諸島|先島]]は琉球に属さない大平山(タイビンサン)という[[連合国|連合]]であったことが伺える。
 
代々宮古の首領一族である空広(ソラビー。いわゆる[[仲宗根豊見親]]/なかそね とぅゆみゃ)が15世紀に入ってから琉球國の中山([[第二尚氏]])王府に恭順して琉球の[[朝貢国|朝貢(ちょうこう)国]]となり、さらには八重山にも同様の主従を求めてきた。
 
それに対抗したオヤケアカハチ率いる八重山という構図である。
 
[[忠導氏家譜正統]](ちゅうどうしかふせいとう)、[[長榮姓家譜大宗]](ながえせいかふたいそう)、[[八重山島年来記]](やいましまねんらいき)といった宮古・八重山に残る諸史料に共通して記されているのは、アカハチに全島民が同心し、厚い信頼を得ていたとあり、前述の「オヤケアカハチの乱」では男性島民だけにとどまらず、女性島民も沿岸に立ち呪詛によって琉球軍の侵攻に対抗したと記録されている。
 
現在、石垣島の[[崎原公園]]に鎮座する「オヤケ赤蜂之碑」の碑文によると、「石垣の土着神である『イリキヤアマリ神』<ref>イリキヤアマリ神とは: [http://isigakijima-navi.seesaa.net/article/324328616.html 石垣島なんでも図鑑]</ref>の祭祀を琉球の[[尚真王|尚真]]王が弾圧したため、1500年にオヤケアカハチが島民の先頭に立って反旗を翻して奮戦するも、討ち取られた。」と記されている。また、大浜公民館近くには「オヤケヤカハチ之像」があり、こちらの碑文には、「西暦一五〇〇年(明応九年)、当時の琉球王府への朝貢を拒否、反旗を翻した驚天動地のオヤケアカハチの乱の主人公・オヤケアカハチの銅像。- その人物像は独立心が強く、体つきが人並みはずれた大男、抜群の力持ち、髪は赤茶けた精悍な顔つきの若者-と伝えられている。正義感が強く、島の自由のために先頭に立って権力にたち向い、八重山の人々から太陽と崇められ信望を一身に集めていた。爾来、今日まで英傑・オヤケアカハチの遺徳は石垣島の人々に「アカハチ精神」として受け継がれている。」と記されている。
 
敗北したものの、琉球の侵攻から大平山(タイビンサン)を守ろうとしたオヤケアカハチは、[[先島諸島]]の英雄として現在に伝わっているほか、イリキヤアマリ神を伝える[[御嶽 (沖縄)|御嶽]]も石垣島に残っており、変わらず信仰の対象となっている。
58

回編集