「オヤケアカハチ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
== 生涯 ==
{{See also|オヤケアカハチの乱}}
オヤケアカハチの生誕地は[[波照間島]]で、幼少の頃から豪傑としての頭角を表していたという話があるが、不詳。波照間には生誕記念碑<ref>[https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g1132549-d8149610-r550165736-Oyake_Akahachi_Monument-Hateruma_jima_Taketomi_cho_Yaeyama_gun_Okinawa_Prefectu.html 「アカハチ誕生の地」「八重山の英傑 オヤケアカハチの生まれた屋敷跡」]</ref>がある。
 
[[琉球王国|琉球]]側の歴史資料<ref>「[[球陽]]」「[[蔡鐸本 中山世譜]]」「[[中山世鑑]]」</ref>上には大浜の一[[豪族]]として登場している。曰く、「妻は石垣村の[[長田大主]](なあた うふしゅ)の妹の古市(古乙姥[くいつば])。オヤケアカハチは[[八重山列島|八重山]]の首領として島民の広範な支持<ref> 『長榮姓家譜大宗』「堀川原及赤蜂者二人、絶貢謀叛衆皆従之」</ref>を背景に、[[琉球王国|琉球國]]への[[朝貢]](ちょうこう)を2-3年断ち、さらには我が[[臣民]]である[[宮古列島|宮古]]を攻めたため、[[1500年]]2月13日<ref> 『[[球陽]]』「本年二月初二日、那覇開船し、八重山に赴き、赤蜂等を征伐す。大翁主大いに喜び、即ち小船に乗り、海に出でて迎接す。十三日、引きて八重山石垣の境に至る。大里等上岸す。」</ref>に琉球軍の軍船大小100艘、琉球兵3,000人を送り込み、これを討ち取った。」とある。 これが'''[[オヤケアカハチの乱]]'''である。
58

回編集