「エレクトロニック・ダンス・ミュージック」の版間の差分

→‎詳細: リンク切れ修正
(→‎詳細: リンク切れ修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
== 詳細 ==
<!--Wikipediaの書式は概要→詳細が正式な様式です。尊重を。文章が不足の場合は、追加でお願いします。-->
エレクトロニック・ダンス・ミュージックには狭義の解釈も存在する<ref>[http://www.iloud.jp/special/edm.php EDM特集] TOMO HIRATA、iLoud、2012年06月16日</ref><ref>[http://クラブ遊び.com/club_music_differences.html EDM、テクノ、ハウス等の違い?]</ref>。その狭義的な解釈ではEDMという言葉は、DJカルチャー以降の音楽的伝統を持たない、ポップなエレクトロニック・ダンス・ミュージックを指す<ref>[{{Cite web|title=あのね!第五十回:「EDMってなあに?」|url=http://www.konami.jp/mv/hinabita/talk_50.html?n=50 あのね!第五十回 |archiveurl=https:「EDMってなあに?」]//web.archive.org/web/20170909142932/http://www.konami.jp/mv/hinabita/talk_50.html?n=50 |archiveservice=Internet Archive |archivedate=2017-9-9 |deadlinkdate=2019-10-24 }}</ref>。その成り立ち故に、従来の[[テクノ (ダンスミュージック)|テクノ]]や[[ハウス (音楽)|ハウス・ミュージック]]のミュージシャンやファンから区別され、批判されることもある<ref>[https://web.archive.org/web/20141004220105/http://loud.jp/blog/2013/01/edm_3.html 「EDMと旧世代」 Tomo Hirata ブログ 2013年01月14日]</ref><ref>[https://rockinon.com/news/detail/111458 「ジェフ・ミルズがEDMを擁護」 RO69 2014年10月10日]</ref>。
 
== 日本のEDM ==