「ボヤーリン (防護巡洋艦)」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
1904年[[1月27日]]<ref>当時ロシアで使用されていた[[ユリウス暦]]による。現代の[[グレゴリオ暦]]では[[2月9日]]になる。</ref>、偵察任務に就いていたボヤーリンは戦艦[[三笠_(戦艦)|三笠]]を[[旗艦]]とする[[大日本帝国海軍|日本海軍]]主力艦隊を発見した。ボヤーリンは左舷方向に移動しながら応戦しつつ、味方艦隊へ敵艦隊発見の報を知らせた。
 
日本艦隊による旅順艦隊攻撃が終わると、ボヤーリンは[[大連湾]]へ機雷を敷設に向かう機雷敷設艦[[アムール級機雷敷設艦 (1898)|エニセイ]]を護衛し、それから旅順に戻った<ref>日露旅順海戦史、30ページ</ref>。エニセイは機雷の敷設を行ったが、1月29日に自艦が敷設した機雷に触れて沈没した<ref>日露旅順海戦史、30-31ページ</ref>。このエニセイの沈没は日本軍の機雷または駆逐艦によるものと誤認され、大連警備司令官は日本軍駆逐艦出現を報告。それを受けてボヤーリンと駆逐艦ヴラーストヌイ、フヌシーチェリヌイ、ストロジェヴォーイ、ラストロープヌイが大連湾へ向かうよう命じられた<ref>日露旅順海戦史、31ページ</ref>。ボヤーリンと4隻の駆逐艦は1月29日午後3時30分ごろに旅順から出撃したが、同日午後5時ごろに[[南三山島]]南方沖で[[味方の敷設した]] <ref>ニコライ2世の日記、2月13日</ref>[[機雷]]に触れた<ref name="manabe32">日露旅順海戦史、32ページ</ref>。触雷による浸水で15度傾斜するも沈没はしなかったが、ボヤーリン艦長サルイチェフ大佐は乗員を退去させて駆逐艦にボヤーリンの処分を命じた<ref name="manabe32"/>。そして駆逐艦ストロジェヴォーイがボヤーリンに対して魚雷を発射したが命中せず、ボヤーリンは放置された<ref name="manabe32"/>。翌日南三山島に座礁しているところが発見され修理可能と判断されたが、翌日は荒天のため作業が行えず、その翌日には姿を消していた<ref>日露旅順海戦史、32-33ページ</ref>。暴風により流されて再度触雷し沈没したようであり、住民が数度の爆発音を聞いている<ref>日露旅順海戦史、33ページ</ref>。
 
{{-}}
匿名利用者