「石井次郎 (地質学者)」の版間の差分

編集の要約なし
'''石井 次郎'''(いしい じろう、[[1923年]][[12月18日]]-[[1992年]][[4月1日]]<ref>『北海道人物・人材リスト 2004』日外アソシエーツ、2003.12、137頁</ref>)は、[[日本]]の[[地質学者]]。[[理学博士]]([[北海道大学]])。
 
[[札幌市]]出身。[[北海道教育大学附属札幌小学校|北海道札幌師範学校付属小学校]]卒業。[[北海道札幌西高等学校|北海道庁立札幌第二中学校]]卒業。1946年[[北海道帝国大学]]理学部卒業。1946年同応用電気研究所助手。1955年北海道大学大学院(旧制)理学研究科修了。同理学部助手。[[北海道札幌西高等学校]]定時制教諭や、[[北海道農業専門学校]]師を経て、1961年に北海道大学にて「北海道第四紀火山噴出物の風化過程」で理学博士受く<ref>博論データベース</ref>。1961年北海道大学水産学部助教授。1968年[[東海大学]]海洋学部札幌教養課程教授。1988年[[北海道東海大学]]工学部教授。1992年3月31日北海道東海大学定年退職。1992年4月1日に急性心不全のため逝去。1992年4月東海大学名誉教授の称号を受く<ref>以上につき戸苅賢二「石井次郎会員を悼む」『地質学雑誌 98巻2号』1992.8、823頁</ref>。
 
==研究==
匿名利用者