「チューリングマシン」の版間の差分

 
== 歴史 ==
[[アラン・チューリング|チューリング]]の「計算可能数について──[[決定問題]]への応用」(1936年)において提示された。同なもの同年に[[エミール・ポスト]] (Emil Post) も独立に発表している。構想の理由、動機についてはポストの論文が明確だが、機械自体に関する記述はチューリングの論文が詳細である。次いで、同時代に提示された他の[[計算モデル]]も[[計算可能性理論|計算可能性の理論]]からは同等であることが確認され、[[チャーチ=チューリングのテーゼ|チューリング=チャーチのテーゼ]]はそれらを「計算可能」の定義とすることを提唱した。
 
== 概要 ==