「アセトスポラ」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
'''アセトスポラ'''(Ascetosporea、ギリシャ語 ''asketos'' 奇妙な凝った造りの + ''spora'' 胞子)は主として海産[[無脊椎動物]]に[[寄生]]する[[原生生物]]の一群である。'''略胞子虫'''(Haplosporidia)類と'''パラミクサ'''(Paramyxea)類の2群がありいずれも変わった構造の[[胞子]]を作るが、形態的に特に似ているというわけではないため一つの分類群にまとめることには異論も多い。
 
==略胞子虫==
:寄生性の[[吸虫]]類に寄生(超寄生)するものが多い。8種。
;''Bonamia''
:カキの血球に感染する寄生虫。''B. ostreae''、''B. exitiosa''などボナミア症の病原体。4種。
 
==パラミクサ==
:貝類の寄生虫。''M. refringens''(Aber病)、''M. sydneyi''(QX病)などカキの病原体。マルテイリア症。5種。
;''Marteilioides''
:貝類の寄生虫。''M. chungmuensis''はマガキ卵巣肥大症の病原体。2種。
;''Paramarteilia''
:甲殻類の寄生虫。''Paramarteilia orchestiae'' 1種。