「人工心臓」の版間の差分

編集の要約なし
 
=== 補助人工心臓 ===
{{main|補助人工心臓}}
補助人工心臓は、患者自身の心機能を補助するものである。日本では、内科的治療抵抗性の重症心不全症例に対して心臓移植までの生命を維持するために用いられる。現在は「体外設置型」「体内植込型」「カテーテル型」に大別される。
 
*体外設置型
**JARVIK 2000 Flowmaker:[[アメリカ]]Jarvic Heart社
**HEARTWARE HVAD
*カテーテル型
**[[アビオメッド|IMPELLA:米国アビオメッド社]]
 
2012年には[[東北大学]]の研究チームが、磁気を利用することで電源をワイヤレス化した、完全に埋め込める人工心臓用のポンプを開発したと発表した<ref>[http://news.mynavi.jp/news/2012/04/19/141/index.html 東北大、体内に完全埋め込み可能なワイヤレス型人工心臓用ポンプを開発]</ref>。完全に埋め込み出来るサイズではあるが、人間の心臓とほぼ同等の流量と圧力を実現しており、動物実験でも動作が確認されている。ワイヤレス技術を担当する石山和志らのグループは、[[カプセル内視鏡]]を磁気で移動させる技術などを開発しており、その技術が導入されている。研究チームではこのポンプを利用した、完全埋め込み型の補助人工心臓の開発を目指している。
42

回編集