「光輪洞合気道」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''光輪洞合気道'''(こうりんどうあいきどう)とは、[[平井稔]]([[1903年]] - [[1998年]])が創始した総合[[武術]]である。創流当初は日本傳柔術合気道と称し、一貫して「合気道」と称しているが、[[植芝盛平]]が創始した[[合気道]]とは別系統の武術であり、「'''[[大日本武徳会]]で制定された総合武術である武徳会合気道'''」を継承しているとする。技法内容も植芝系の合気道とは異なる点が多い。
 
平井は11歳から養父・平井阿闍梨に[[東軍流|東軍流剣術]]を学び、15歳に[[奥村寅吉]]に入門し[[奥村二刀直心影剣術|直心影流]]、奥村二刀流)に入門し[[剣術]]を学んだ。他にも[[柔術]]は[[竹内流]]・[[起倒流]]、[[槍術]]は[[佐分利流]]を修行した。[[1938年]]([[昭和]]13年)に[[岡山市]]に恒河洞道場を設立し、柔術を中心に指導していたが、翌[[1939年]](昭和14年)に植芝盛平と出会い<ref>『季刊 合気ニュース』100号 合気ニュース [[1994年]](平成6年)4月</ref>、誘われて上京し、植芝の道場である皇武館の総務となり<ref>『季刊 合気ニュース』100号 合気ニュース 1994年(平成6年)4月</ref>、後に大日本武徳会の[[東京]]支部長も務めた。
 
その頃、武術が柔術、武器術などというように専門化していったことと、[[柔道]]、[[剣道]]などに代表されるように競技化が進んでいくことにより、[[柔術|体術]]・[[剣術]]などを同時に遣うことができる日本古来の総合武術の消滅を大日本武徳会では危惧し、武徳会の柔道部門と剣道部門が協力して新たな総合武術部門の編成に着手した。