「シャルマネセル5世」の版間の差分

→‎来歴: 脚注の和訳
(en:Shalmaneser Vから挿絵を移植)
(→‎来歴: 脚注の和訳)
[[ティグラト・ピレセル3世]]の子として生まれた。父王の治世にはジミッラ (zimirra) 州の長官を務めていた。
 
ティグラト・ピレセル3世の死に伴い、[[紀元前727年]]のテヴェトの月の25日に王位を継ぐ<ref>{{EB1911|noprescript=1|title=Shalmaneser | url = https://archive.org/stream/encyclopaediabri24chisrich#page/798 | first = Archibald Henry | last = Sayce | authorlink = Archibald Sayce | page = 798 | volume = 24}}</refbr>。王位継承に伴い、それまで用いていた「ウルラユ」という名前を、アッカド語の名前に改名している。バビロン王としては依然ウルラユの名を使い続けたという説もあるが、公式な記録には残されていない<ref>{{Cite book|title=Babylonia 689-627 B.C.|year=2007|publisher=The Netherlands Institute for the Near East|last=Frame|first=Grant|issn=1571-5728|isbn=978-90-6258-069-9|date=|pages=303-304}}</ref>。
(『ブリタニカ百科事典(第11版)』(編:ヒュー・チザム、ケンブリッジ大学出版、1911年)第24巻p.798に収録されている『シャルマネセル』(著:[[アーチボルド・セイス]]))</ref>。王位継承に伴い、それまで用いていた「ウルラユ」という名前を、アッカド語の名前に改名している。バビロン王としては依然ウルラユの名を使い続けたという説もあるが、公式な記録には残されていない<ref>{{Cite book|title=Babylonia 689-627 B.C.|year=2007|publisher=The Netherlands Institute for the Near East|last=Frame|first=Grant|issn=1571-5728|isbn=978-90-6258-069-9|date=|pages=303-304}}</ref>。
 
[[旧約聖書]]「[[列王記]]」において、シャルマネセル5世は、サマリア占領と後の[[アッシリア捕囚]]を引き起こした人物として記載されている。すなわち、列王記第17章及び第18章によれば、シャルマネセル5世は、[[イスラエル王国|イスラエル]]王[[ホセア (イスラエル王)|ホシェア]]に対し、エジプト王{{仮リンク|オソルコン4世|en|Osorkon IV}}に書状を送り、シャルマネセル5世に対する反乱を共謀したとの疑いをかけ、ホシェアを捕えた。エジプトは、当時アッシリアの[[付庸国]]に支配されていたイスラエルに拠点を設けたいと考え、付庸国の王たちがアッシリアに反乱を起こすようにそそのかし、軍事的支援を行った<ref>{{cite book|first=Georges|last=Roux|title=Ancient Iraq|edition=Third|year=1992|publisher=Penguin|ISBN=9780140125238|pages=310–312|date=}}</ref>。シャルマネセル5世はサマリアを3年間包囲したのちに、最終的にサマリアを占領した<ref group="注釈">紀元前722年のシャルマネセル5世の死によりこの包囲戦は中断されたとする文献もある(三笠宮崇仁「キッティーム論考-2(完)-」(東京女子大学『史論』第6号 p.361-380)370ページ参照)</ref>。シャルマネセル5世がアッシリアへと連れ去ったイスラエルの部族は、(ティグラト・ピレセル3世が連れ去った部族と合わせて)「[[失われた10部族]](Ten Lost Tribes)」と呼ばれる。