「オリジン東秀」の版間の差分

 
== 沿革 ==
* 1966年9月 - 当社の前身である'''有限会社東秀'''を設立し、翌月に中華料理店「東秀」を開店
* 1976年11月 - 株式会社に改組
* 1982年6月 - 弁当事業部を立ち上げ、持ち帰り弁当店「マミー弁当」を開店
* 1994年4月 - 新業態として、量り売り惣菜と弁当併売型店舗「オリジン弁当」を開店
*1997年4月 - 商号を現在の'''オリジン東秀株式会社'''に変更
*1997年12月 - [[日本証券業協会]]に株式を店頭公開
*2004年12月 - [[ジャスダック]]證券取引所(現・[[大阪証券取引所]]ジャスダック市場)に[[株式上場]]。
*2005年3月 - [[東京証券取引所]]市場第二部に上場
*2005年8月 - [[ドン・キホーテ (企業)|株式会社ドン・キホーテ]]が当社株式の一部を取得
*2006年1月 - 株式会社ドン・キホーテが当社株式に対する[[株式公開買付け|公開買付け]]を開始。その後、[[イオン (企業)|イオン]]株式会社]]も当社株式に対する公開買付けを開始
*2006年2月 - 株式会社ドン・キホーテが行った当社株式に対する公開買い付けが不成立となり、同社が当社株式を市場にて追加取得。その後、株式会社ドン・キホーテとイオン株式会社のトップ会談が行われ、株式会社ドン・キホーテがイオン株式会社が行う当社株式に対する公開買い付けに応募する旨を表明する
*2006年3月 - イオン株式会社が行った当社株式に対する公開買い付けが成立し、同社の子会社となる
*2005年8月 - 「オリジン弁当」が大阪府茨木市に開店し、関西地区に進出
*2008年8月 - イオン株式会社の純粋持株会社への移行に伴い、当社の親会社が[[イオンリテール]]株式会社に変更
* 2009年7月 - [[おにぎり]]から[[唐揚げ]]を専門とした新業態「おにから屋」を[[イオンモール柏|ジャスコ柏店(現・イオン柏店)]]内にオープン
*2010年2月 - オフィスビルの弁当[[フードコート]]「屋台デリ」への出店を開始。
*2010年10月 - GMS([[GMS]](総合スーパー)のデリカ売場と融合したFC事業を立ち上げ、ジャスコ[[御嶽山駅]]前店(現・イオン御嶽山駅前店)に出店
*2011年4月 - GMS改革の一環として、当社が展開している「オリジン弁当」の商品やノウハウを首都圏の「[[イオン (店舗ブランド)|イオン]]」の惣菜売場に導入。
*2012年12月 - 「オリジン弁当」全店舗と本厚木駅東口店を除く「中華東秀」の店舗においてイオンの[[電子マネー]][[WAON]]を導入。同時に「オリジンWAONカード」の発行も開始。
*2013年2月 - 「オリジン弁当の食事宅配」を東京都[[江戸川区]]で開始し、食事宅配事業に進出。
*2013年9月 - 2013年8月にイオン株式会社の連結子会社となった株式会社[[ダイエー]]へ、相武台店から「オリジン弁当」の導入を開始(イオンマックスバリュと同じ惣菜売場内店舗の扱い)。
*2017年3月 - 新業態「れんげ食堂Toshu」をスタート、中華東秀からの転換を進める。
*2018年1月29日 - 本社を東京都調布市仙川町3丁目2-4([[小田急バス]]本社ビルの向かい)から、調布市調布ヶ丘1丁目18-1の調布センタービル5階([[調布駅]]徒歩9分)へ移転<ref>[https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001348.000007505.html オリジン東秀株式会社 本社移転のお知らせ] [[イオン株式会社]]ニュースリリース、PR TIMES、2018年1月24日、2019年11月2日閲覧。</ref>。
 
== 展開する店舗 ==