「大久保正信」の版間の差分

実姉の大久保イチについて記載する
(実姉の大久保イチについて記載する)
| 受賞 =
}}
'''大久保 正信'''(おおくぼ まさのぶ、本名:同じ、[[1922年]][[2月6日]]<ref>[[成美堂出版]]編「男性篇」『声優名鑑』成美堂出版、1999年8月10日、ISBN 4-415-00878-X、378頁。</ref> - [[1987年]][[3月31日]])は日本の男性[[俳優]]、[[声優]]。[[山形県]][[鶴岡市]]昭和町出身。姉の大久保イチ(1911年5月5日-1936年10月2日)<ref>鶴岡日報 昭和11年7月14日朝刊 鶴岡市十三軒町付近で発生したバス火災事故(死亡7名、重傷3名)により昭和11年10月2日に死亡。享年26歳。</ref>は同市立黄金小学校(青龍寺尋常高等小学校)教諭で[[藤沢周平]]を1〜2年生時に担任<ref>ふるさとへ廻る六部は 藤沢周平 新潮文庫出版 1995 P22 「私は昭和9年に小学校に入り、1年、2年を女の大久保先生に担任していただいた。(中略)大久保先生は後転任し記憶の中にいつ紫と白の矢絣の着物に紺の袴、白足たびという姿で立っている。(中略)静か声を持つやさしい先生だったので、私たちは十分満足していた。私たちは親鳥の羽の下にはぐまれる雛のようにして、二年間を過ごした。(中略)バスの火災事故で亡くなられた。ずいぶん大人のように見えた先生も、考えてみるとこの間結婚した私の娘より二つ、三つ歳上ぐらいではないだろうか。その死亡事故の知らせを聞いたときのかなしみは、六十歳の私の胸にいまもかすかに残っている。」 </ref>した。[[劇団文化座]]、[[プロダクション エム・スリー]]に所属していた。
 
== 出演作品 ==
匿名利用者