「外事課」の版間の差分

編集の要約なし
現場でスパイや国際テロの捜査を行うのが、警視庁公安部・各道府県警察本部警備部の外事課である。
 
最大の陣容を誇るのは[[警視庁公安部]]の外事課であり、三課体制で合計350名程の外事課員がいるといわれる<ref>黒井:p112</ref>。中規模以上の道府県警察本部では[[警備部]]に外事課があり、数十名の外事課員が配置されている<ref>黒井:p112</ref>。小規模の県警察本部では警備第一課、[[公安課]]などの中に5~6名体制の『外事右翼係』対策室が存在する<ref>{{cite web|date=2016-03-22|url=https://www.pref.gifu.lgoita.jp/kensei/ken-gaiyo/soshiki-annaiuploaded/keisatsu/keibi/keibi1attachment/1042105.pdf |title=大分県備第一課紹介組織に関する訓令|format=PDF|publisher=岐阜大分県警察|page=4|accessdate=2019-04-05}}</ref><ref name="鹿児島県"/><ref>{{cite web|date=20142018-0904-2801|url=https://gendaiwww.police.pref.ismediatokushima.jp/articles14koukai/-image/53618?page=3honbu-16S51_kunrei3.pdf |title=北朝鮮拉致問題と背乗り(ハイノリ) 第3回 公安徳島県警察vs.北朝鮮工作員「ナミが出た!」の組織に関する訓令|format=PDF|publisher=[[講談社]]徳島県警察|authorpage=[[竹内明]]6|accessdate=2019-04-05}}</ref>。<br />また大規模警察署の警備課には外事係があることが多い。
 
近年は、[[不法滞在]]や[[外国人犯罪]]の捜査がメインとなりつつある<ref name="鹿児島県">http://www.pref.kagoshima.jp/ja26/police/shokai/soshiki/keibi/kouanka_01.html</ref>。
 
例として警視庁公安部の外事課を挙げる。
42

回編集