「ガリア人」の版間の差分

2009年2月5日 (木) 13:13の版による誤記を修正
(2009年2月5日 (木) 13:13の版による誤記を修正)
| 脚注の不足 = 2017年1月
}}
'''ガリア人'''({{lang-la|Gallī}} ガッリー、[[フランス語]]:Gaulois ゴワ)は、[[ケルト語派]]を話すいわゆる[[ケルト人]]のうち、[[ガリア]]地域に居住して[[ガリア語]]あるいは[[ゴール語]]を話した諸[[部族]]の人々を指す。
 
古代ローマ人は、ローマ側による呼称「ガリア人」 (Gallī)と「ケルト人」 (Celtae) をおおむね同義として扱った。しかし、いわゆるケルト人の中でも、[[アナトリア半島|小アジア]]に移住したケルト人([[ガラティア]]人)や[[ブリテン島]]の諸部族に対してガリア人は明らかに区別することができる。
[[古代ローマ]]の支配に組み込まれたガリア諸部族はローマへの同化が進み([[ガロ・ローマ文化]])、やがて[[ゲルマン人]]とも混血が進んで、後の[[フランク王国]]・[[フランス]]を形成していった。
 
現代のフランス人には、ガリア人を自分たちのルーツ・祖先として意識している者もいる。このため、東欧系・[[アラブ人|アラブ系]]・トルコ系・アフリカ系の移民系フランス人や、[[ユダヤ人|ユダヤ系]]フランス人、ドイツ系の[[アルザス人]]に対して、フランスにルーツを持つ白人をゴワ (Gaulois) 、つまりガリア人と呼び分けることがある。
 
== 著名なガリア人の人物 ==