「松前道広」の版間の差分

編集の要約なし
{{基礎情報 武士
| 氏名 = 松前道広
| 画像 =
| 画像サイズ =
| 画像説明 =
| 時代 = [[江戸時代]]中期 - 後期
| 生誕 = [[宝暦]]4年[[1月17日 (旧暦)|1月17日]]([[1754年]][[2月8日]])
| 死没 = [[天保]]3年[[6月20日 (旧暦)|6月20日]]([[1832年]][[7月17日]])
| 改名 = 源助、外記、章広、幸広
| 別名 = 外記
| 諡号 =
| 神号 =
| 戒名 = 松吟院
| 霊名 =
| 墓所 = [[北海道]][[松前郡]][[松前町 (北海道)|松前町]] 大洞山法憧寺
| 官位 = [[従五位|従五位下]][[美作国|美作]][[国司|守]]、[[志摩国#江戸時代|志摩]][[国司|守]]
| 幕府 = [[江戸幕府]]
| 主君 = [[徳川家治]]→[[徳川家斉|家斉]]
| 藩 = [[蝦夷地|蝦夷]][[松前藩]]主
| 氏族 = [[蠣崎氏|松前氏]]
| 父母 = 父:[[松前資広]]、母:[[八条隆英]]([[櫛笥賀子]]弟)娘・弁子
| 兄弟 = '''道広'''、照子([[松前等広]]室)、[[池田頼完]]、[[難波武広]]、秀子([[蠣崎広命]]室)、[[蠣崎広文]]、[[蠣崎波響|蠣崎広年波響]]、玉子([[松前広典]]室、後[[横井重賢]]室)、[[古田信真]]
| 妻 = [[正室]]:'''[[花山院常雅]]娘・'''知子([[子)姫 (曖昧さ回避)|敬姫]]'''<br/>側室:平田氏
| 子 = '''[[松前章広|章広]]'''、男子、[[蠣崎広匡]]、竹子([[藤倉保春]]室)、増子([[小林義明 (江戸時代中期)|小林義明]]室)<br>女子、[[杉村治義]]、[[松前広純|広純]]、幸之助、連之助、澄子、岩子、琴子
| 特記事項 =
}}
 
'''松前 道広'''(まつまえ みちひろ)は、[[江戸時代]]中期の[[大名]]。[[蝦夷地]][[松前藩]]8代藩主。[[官位]]は[[従五位|従五位下]]・[[美作国|美作守]]、[[志摩国#江戸時代|志摩守]]
 
== 生涯 ==
[[宝暦]]4年(1754([[1754]])、7代藩主・[[松前資広]]の長男としてまれる。幼少より文武に優れ、派手好きで傲慢な性格であったという。[[明和]]2年([[1765年]])10月11日、父資広の死去により、家督を相続する。同年10月15日、10代将軍[[徳川家治]]にお目見えする。同年12月15日、従五位下志摩守に叙任する。[[一橋治済]]、[[伊達氏|伊達家]]・[[島津氏|島津家]]など反幕閣の人々や[[国学]]者で幕府から目を付けられていた[[高山彦九郎]]と交友し<ref>『北海道戦国史と松前氏』p.244</ref>、[[吉原遊廓|吉原]]の遊女を妾にするなど遊興費も多かった。そのため商人からの借金がかさんで藩政は窮乏、幾度も幕府から注意を受けたという。
 
対外的には強硬で、[[ロシア帝国|ロシア]]からの通商要請を拒否。[[寛政]]元年([[1789年]])には、[[国後島]]や目梨地方で起こった[[アイヌ]]の反乱([[クナシリ・メナシの戦い]])に[[新井田正寿]]・[[松井広次]]らを派遣して鎮圧した。のち寛政8年([[1796年]])、[[イギリス]]船・[[ウィリアム・ロバート・ブロートン#プロヴィデンス号の航海|プロビデンス号]]がアプタ沖(現北海道[[虻田郡]][[洞爺湖町]])に出没した時も、すでに隠居していたにも拘わらず、息子の[[松前章広|章広]]や家臣の反対を押し切り出陣した<ref>『北海道戦国史と松前氏』p.244、なお道広は自身を「北方の守護者」と認識していたという(「松前大炊介殿示家臣書」([[東京大学史料編纂所]]蔵))</ref>。
 
寛政4年([[1792年]])10月28日、隠居し、長男章広に家督を譲った。隠居後、通称を大炊頭、美作守に改める。[[文化 (元号)|文化]]4年([[1807年]])3月26日、藩主在任中の海防への取り組みや素行の悪さを咎められて、幕府から謹慎(永蟄居)を命じられる。この背景には元家臣の讒言があったとも言われる<ref>『北海道戦国史と松前氏』p.245、『松前町史 通説編』第1巻下</ref>。[[文政]]5年([[1821年]])3月18日、謹慎を解かれる。天保3年(1832年)6月20日、[[江戸]]で死去。享年79
 
[[天保]]3年([[1832年]])6月20日、[[江戸]]で死去。享年79。
== 参考文献 ==
 
* 松前町『概説松前の歴史』
== 系譜 ==
* 新藤透『北海道戦国史と松前氏』[[洋泉社]]、[[2016年]][[2月19日]] ISBN 978-4-8003-0681-4
*父:[[松前資広]](1726-1765)
*母:弁子 - [[八条隆英]]([[櫛笥賀子]]弟)娘
*正室:[[敬姫 (曖昧さ回避)|敬姫]] - 知子、[[花山院常雅]]の娘
*側室:平田氏
**長男:[[松前章広]](1775-1833)
*生母不明の子女
**男子:
**男子:[[蠣崎広匡]]
**女子:竹子 - [[藤倉保春]]室
**女子:増子 - [[小林義明 (江戸時代中期)|小林義明]]室
**女子:
**男子:[[杉村治義]]
**女子:[[松前広純]]
**男子:幸之助
**男子:連之助
**女子:澄子
**女子:岩子
**女子:琴子
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
* 松前町『概説松前の歴史』
* 新藤透『北海道戦国史と松前氏』[[洋泉社]]、[[2016年]][[2月19日]] ISBN 978-4-8003-0681-4
 
{{松前藩主|8代|1765年 - 1792年}}
 
{{DEFAULTSORT:まつまえ みちひろ}}
[[Category:松前藩主|みちひろ]]
[[Category:松前志摩守家|みちひろ]]
[[Category:松前藩主|みちひろ]]
[[Category:1754年生]]
[[Category:1832年没]]