「食物依存症」の版間の差分

m
m
 
==予後==
[[むちゃ食い障害]]といった摂食障害となった場合、患者には二つの潜在的問題がある。l.
 
支援を求めることは改善のための第一歩であるが、再発する可能性は高い。
食物依存症の患者たちは小児期にはおそらく[[太りすぎ]]であり<ref>{{Cite journal|last=Halmi|first=Katherine A|date=2013-11-07|title=Perplexities of treatment resistance in eating disorders|journal=BMC Psychiatry|language=En|volume=13|issue=1|pages=|doi=10.1186/1471-244x-13-292|pmid=24199597|issn=1471-244X|pmc=3829659}}</ref>、これは未治療の期間が長いほど治療抵抗性のものとなる。また食べ過ぎの患者は、[[精神衛生]]の悪さ、[[セルフコントロール]]欠如、環境要因によって<ref>{{Cite journal|last=Lu|first=Henry|last2=Mannan|first2=Haider|last3=Hay|first3=Phillipa|last4=Lu|first4=Henry Kewen|last5=Mannan|first5=Haider|last6=Hay|first6=Phillipa|date=2017-07-18|title=Exploring Relationships between Recurrent Binge Eating and Illicit Substance Use in a Non-Clinical Sample of Women over Two Years|journal=Behavioral Sciences|language=en|volume=7|issue=3|pages=46|doi=10.3390/bs7030046|pmid=28718830}}</ref>、以前の習慣に戻ってしまう。そのため患者はそれに対抗するため毎日薬を服用している。
 
しかしながら治療中および治療終了後のフォローアップにおいては50%の回復が見られる<ref>{{Cite journal|last=Treasure|first=Janet|last2=Stein|first2=Daniel|last3=Maguire|first3=Sarah|date=2014-09-29|title=Has the time come for a staging model to map the course of eating disorders from high risk to severe enduring illness? An examination of the evidence|journal=Early Intervention in Psychiatry|volume=9|issue=3|pages=173–184|doi=10.1111/eip.12170|pmid=25263388|issn=1751-7885}}</ref>。食物依存症を克服することは容易ではないが、回復した人は、変化し、必要な処置を受けることへ十分な自信を持っている。最も重要なことは、患者は愛する人と環境からサポートと励ましを受けることである([[自己効力感]])。