「西鉄2000形電車」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
このような旅客設備が評価され、九州の鉄道会社として初となる[[ローレル賞]]を受賞した。また、特急形車両のローレル賞受賞も本形式が初めてである<ref>当時、ローレル賞の選定対象は通勤・近郊形車両と決まっており、本形式の授賞は異例であった。折りしも「通勤特急」など特急形車両による通勤輸送も増えてきたことから、翌1975年からはローレル賞の対象を通勤・近郊形車両に限定せず、[[ブルーリボン賞 (鉄道)|ブルーリボン賞]]の選定候補車両でブルーリボン賞に選ばれなかった車両から、得票数に関わらずブルーリボン賞選考委員会が選定することとなった。</ref>。
 
6両編成6本36両が[[川崎重工業]]で製造され、一部車両は当時川崎重工業の製造ラインに空きがなかっことで[[武庫川車両工業]]へのOEM製造となったが、同メーカー製も川崎重工業の銘板を付けて落成している<ref>なお、[[川島令三]]の著書「私の戦後「電車」史 1955-1995(PHP研究所、1995年)」によると、当時製造ラインが満杯。同書の記述あった関係上、一部編成[[武庫川車両工業]]でOEM形式で製造された。そのため、[[阪神電気鉄道尼崎工場]]内での敷地の一角に暫定的に西鉄2000形を留置していた旨が簡潔ながらも述べられていた。ただし武庫川車両工業でOEM形式で製造された本系列も、銘板は川崎重工業としていた。</ref>。1973年(昭和48年)[[4月23日]]に2011 - 2041F(F=[[編成 (鉄道)|編成]])が落成、[[5月10日]]に営業運転を開始した。続いて2051・2061Fが[[1974年]][[2月9日]]に落成し、特急車両の運用固定化、ならびに特急は昼間帯以降の原則6両化を達成した。<!--落成日は竣工届出日を表記-->
 
== 構造 ==
匿名利用者