「西鉄2000形電車」の版間の差分

1997年[[9月27日]]のダイヤ改正において西鉄福岡(天神) - 西鉄小郡間で日中の急行の増発が行われた。この際、急行の所要本数増加に伴い5000形など他形式での急行運用が増加した関係で、日中の急行における本形式の比率は減少した。
 
[[2001年]](平成13年)12月に2041Fが廃車・[[解体]]された。同編成は前記した井尻での踏切事故の影響で台枠を損傷したことから、老朽化の進行が早かったとされる。同編成は2001年に「天神のクリスマスへ行こうキャンペーン」の[[ラッピング車両|ラッピング]]を施されていたが、同年12月25日のキャンペーン終了と同時に運用を外れ、ラッピングを外されることなく廃車・解体された。
 
2041F廃車後は日中の急行運用本数自体も減少したため、代替新車は導入されなかった。一方で、従来5000形で運用されていた午前中の特急(平日1往復、土曜・休日2往復)にも使用されることとなり、特急の定期運用が復活した。
匿名利用者