「プロジェクト‐ノート:YouTube」の版間の差分

* {{コ}} YouTuberの記事の作成基準について「[[Wikipedia:独立記事作成の目安]]」に付け加えることが思いつかず、どういった基準をつくりたいのかよくわからないのでコメントしていませんでした(「[[Wikipedia:特筆性 (人物)]]」も草案のままですし…)。YouTuber関連の記事ではこれまで[[釣りよかでしょう。]]と[[ハイサイ探偵団]]の記事を新規に編集したことがあります。このとき念頭に置いていたのは「Wikipedia:特筆性 (人物)」ではなく「Wikipedia:独立記事作成の目安」でした。独立した二次資料として(YouTuberのムックではない)雑誌と、地方紙レベルのWeb記事を用意した記憶があります。YouTuberのムック本についてですが、他の書籍や雑誌と区別する必要を感じておらず、記事主題のYouTuberについて特集記事やインタビュー記事が載っているのであれば、つまり些細でない取り上げ方をされているのであれば利用できるように思います。ただ、ハイサイ探偵団の記事を執筆するにあたり、YouTuberのムック本を何冊か取り寄せたのですが「これでどうやって記事を書けば…」といった記事ばかりでしたので、やはりある程度の内容は必要になるでしょう。ケースに依りますので、ページ数で決めるのは難しいように思います。「チャンネル登録者数を「付加的な基準」として認めるべきではない」「「確認バッチ」の取得状況をもって特筆性を認めるべきではない」というのはおおよその方が同意するのではないでしょうか。--[[利用者:Strangemist |StrangeMist]] (a.k.a [[利用者:Strangesnow|StrangeSnow]] / [[利用者‐会話:Strangesnow|Talk]]) 2019年9月13日 (金) 14:59 (UTC)
*{{コ}} メンションからきました。やはりYouTuberの記事作成には、チャンネル登録者数のみでは不十分だと思います(たとえ1000万人だろうが)。となりますと、やはり雑誌の特集(連載があればベスト)等で、2次資料となるものがあるかどうかが最低限の基準となるのではないでしょうか。しかし、テレビに少し映っただとか、雑誌のYouTuber特集で名前が出た(有意な言及はない)ぐらいですと不十分です。[[Wikipedia:削除依頼/スーツ (YouTuber)]]がこの議論としては典型的でしょう。また、上記AFD集をざっと確認しました。ミュージシャンなど、YouTube以外の活動と組み合わせてなんとか記事作成基準をクリアするというのが記事存続の現状になっている気がします。--[[利用者:QuietJapan|QuietJapan]]([[利用者‐会話:QuietJapan|会話]]) 2019年9月14日 (土) 04:57 (UTC)
*{{提案}}そろそろYouTuberの作成基準の明記をプロジェクトページに反映すべき時期に来ています。--[[特別:投稿記録/153.142.97.71|153.142.97.71]] 2019年11月10日 (日) 11:24 (UTC)
 
== カテゴリについて ==
匿名利用者