「ジェットカー」の版間の差分

愛称は、『従来の車両を[[プロペラ機]]にたとえるならこの車両は[[ジェット機]]に匹敵するぐらいの加速・減速の良さである』という比喩から名付けられた。
 
5001形は[[起動加速度]]4.5km/h/s(5500系、5550系、5700系は4.0km/h/s)だが、この数値は日本の鉄輪式の鉄道車両の中で阪神が唯一である{{efn|[[磁気浮上式鉄道]]であれば、[[愛知高速交通]]([[愛知高速交通東部丘陵線|リニモ]])の[[愛知高速交通100形電車|100形電車]]が、VVVFのジェットカーとほぼ同じ起動加速度である。}}。減速度も日本の鉄道車両ではトップクラスであったが、こちらはJR東日本E233系0番台および相鉄12000系に並ばれている
 
阪神では、駅間が非常に短いため古くから普通用と急行用を区別して車両を運用していたが、車両の大型化に際し、最も路線環境に適した普通列車の専用車両を試作し、各種試験を行い量産され現在に至る(旧型車時代の普通専用車両[[阪神1001形電車|1001形]]<愛称:「センコウ」>なども起動加速度3.0km/h/s、減速度3.3km/h/sと高かった)。
匿名利用者