「河埜和正」の版間の差分

 
高校時代からその強肩ぶりは有名で、プロのスカウトが試しに一塁で送球を受けてみたところ、あまりにも高校生離れした送球にグラブが弾き飛ばされてしまったとの逸話がある。
また、[[篠塚利夫]]と組んだ二遊間では、その強肩ぶりからしばしば好プレーにも登場する。巨人時代の[[二岡智宏]]が河埜以来の強肩と称されることがあった。
 
[[東京ヤクルトスワローズ|ヤクルト]]の個性派左腕・[[安田猛 (野球)|安田猛]]に滅法強く、カモにしていた。
 
右中間方向に抜群の飛距離があったため、当時の[[長嶋茂雄]]監督に打撃フォームをいじられ、1977年・1978年と2年連続で2割9分台で安定していた打率が急降下してしまい、本塁打量産を狙った効果が逆効果となった。
 
[[梶原一騎]]原作の漫画「[[空手バカ一代]]」によると、当時[[愛媛県]]に[[極真会館]]の支部を構えたばかりだった[[芦原英幸]]が、たまたま近くで部活の練習をしていた河埜を見て、「あの逸材をうちに欲しい」と言ったとされている。
 
[[土井正三]]は「この人は空振りが多いのでヒットエンドランのサインを出しにくかった。」と[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]の野球解説者の時に話している。
匿名利用者