「MK砲」の版間の差分

1997年は清原が開幕から4番に座って最終的には[[打率]].249・32本塁打・95[[打点]]の成績を残したが、当時の[[セントラル・リーグ]]新記録<ref>{{Cite web|url=http://bis.npb.or.jp/history/ssb_so.html|title=三振 【シーズン記録】|work=NPB公式サイト|accessdate=2013年10月9日}}</ref>となる152[[三振]]を記録するなどしたために批判され続け、後半戦にはファンから応援を[[ボイコット]]される屈辱を受けた。松井は{{by|1998年}}に[[最多本塁打 (日本プロ野球)|本塁打王]]と[[最多打点 (日本プロ野球)|打点王]]の二冠を獲得し、{{by|1999年}}は無冠ながら[[ロベルト・ペタジーニ]]と争って自己最高の42本塁打を記録した。清原は1998年から下半身の故障に苦しんだ<ref>{{Cite web|url=http://www5.nikkansports.com/baseball/kiyohara/reprint/giants/entry-67661.html|title=清原日本新、原抜く13年連続20号|work=日刊スポーツ|accessdate=2013年10月9日}}</ref>。特に1999年は春先から細かい故障が相次ぎ<ref>{{Cite web|url=http://www5.nikkansports.com/baseball/kiyohara/reprint/giants/entry-67664.html|title=清原「来季は誰にも文句言わせない」|work=日刊スポーツ|accessdate=2013年10月9日}}</ref>、自身初の[[規定打席]]未到達シーズンとなった。{{by|2000年}}は負傷復帰後から清原が活躍を続け<ref>{{Cite web|url=http://www5.nikkansports.com/baseball/kiyohara/reprint/giants/entry-67685.html|title=渡辺オーナー、清原と会談し謝罪|work=日刊スポーツ|accessdate=2013年10月9日}}</ref>、開幕から4番を務めた松井はいずれも自己最高の打率3割1分6厘・42本塁打・108打点を記録して本塁打王と打点王、[[最優秀選手 (日本プロ野球)|シーズンMVP]]、日本シリーズMVP等を獲得して巨人の6年ぶり日本一の原動力となった。{{by|2001年}}は清原は打率.298・29本塁打・121打点の成績で打点王争いも繰り広げ、松井は打率.333・36本塁打を記録して自己初の[[首位打者 (日本プロ野球)|首位打者]]を獲得した。{{by|2002年}}は清原は途中に故障で離脱して55試合出場に終わるが、打率.314・12本塁打の成績を残し、松井は自己最高の打率.334・50本塁打・107打点の成績で本塁打王と打点王の二冠を獲得した。
 
同年オフに松井が[[メジャーリーグベースボール]]の[[ニューヨーク・ヤンキース]]へ移籍したため、松井と清原のMK砲は終焉を迎え、以後は清原の巨人退団までの間、高橋との'''KT砲'''となった。
 
== 松中と小久保のMK砲 ==
匿名利用者