「矢部禅尼」の版間の差分

編集の要約なし
[[建久]]5年([[1194年]])2月に13歳の泰時が元服した際、[[源頼朝]]の命により[[三浦義澄]]の孫から良い娘を選んで泰時と娶せる事が決められる。この8年後の[[建仁]]2年([[1202年]])8月23日、義澄の[[嫡子|嫡男]]義村の娘(のちの矢部禅尼)が泰時に嫁ぎ、翌年長男の[[北条時氏|時氏]]が産まれるが、後に泰時と離別している。時期は不明だが、泰時の後妻である[[安保実員]]の娘が泰時の次男[[北条時実|時実]]を[[建暦]]2年([[1212年]])に産んでいる事から、それ以前には離縁したものと考えられる。離縁の理由は特に不仲が生じたわけでも無く、理由は不明である<ref name="北条時頼p7"> 高橋慎一朗 著『人物叢書‐北条時頼』吉川弘文館、2013年、p.7</ref>。
 
その後、三浦氏[[佐原氏|佐原]]流の[[佐原盛連]]に再嫁して三子(蘆名光盛・[[三浦盛時|加納(三浦)盛時]]・新宮時連)を産み、夫・盛連の死後は三浦矢部郷に帰って出家し、法名禅阿、矢部禅尼と称した。[[嘉禎]]3年([[1237年]])6月、幕府から矢部禅尼に[[和泉国]]吉井郷が与えられ、孫の時頼が三浦矢部郷まで下文を届ける使いをしている。北条氏との対立によって三浦一族が滅亡した[[宝治]]元年([[1247年]])の[[宝治合戦]]では、佐原氏の多くは三浦氏側について滅んだが、矢部禅尼の子達は北条氏側として戦って彼女が関わっていたと考えられる。盛時は後に三浦姓を名乗って三浦家を再興している。
 
康元元年(1256年)4月10日、不食の所労により70歳で死去。時頼は祖母の死にあたり50日の喪に服している。
 
再婚相手の盛連は時氏との血縁を利用して側近になって上洛しているが(『明月記』[[嘉禄]]2年正月24日条)、盛連は乱行で京都中に知られており、在京でも乱暴行為で知られており時氏を悩ませたと伝わる<ref name="北条時頼p7"/>。
 
== 脚注 ==
251

回編集