「アンヌ・ド・ボージュー」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
| 画像サイズ =
| 画像説明 = アンヌ・ド・ボージュー([[ジャン・エイ]]作, ムーラン大聖堂)
| 在位 =
| 続柄 =
| 称号 = [[ブルボン公]]妃
| 身位 =
| 敬称 =
| 出生日 = [[1461{{生]]4日と年齢|1461|4|3|no}}
| 生地 = {{FRA987}}、ジュナップ城
| 死亡日 = [[1522{{死亡]][[1114]]と没年齢|1461|4|3|1522|11|14}}
| 没地 = {{FRA987}}、シャンテル城
| 埋葬日 =
| 埋葬地 = {{FRA987}}、スヴィニー修道院
| 配偶者1 = [[ブルボン公]][[ピエール2世 (ブルボン公)|ピエール2世]]
| 子女 = シャルル<br>[[シュザンヌ・ド・ブルボン|シュザンヌ]]
| 家名 = [[ヴァロワ家]]
| 父親 = [[フランス王国|フランス]]王[[ルイ11世 (フランス王)|ルイ11世]]
| 母親 = [[シャルロット・ド・サヴォワ]]
| サイン =
}}
'''アンヌ・ド・ボージュー'''(Anne de Beaujeu, [[1461年]][[4月3日]] - [[1522年]][[11月14日]])は、[[フランス王国|フランス]]王[[ルイ11世 (フランス王)|ルイ11世]]と2番目の妃[[シャルロット・ド・サヴォワ]]の娘。'''アンヌ・ド・フランス'''(Anne de France)とも。妹に[[ルイ12世 (フランス王)|ルイ12世]]の最初の王妃[[ジャンヌ・ド・フランス (1464-1505)|ジャンヌ]]、弟に[[シャルル8世 (フランス王)|シャルル8世]]がいる。
 
1473年に[[ブルボン公]][[ピエール2世 (ブルボン公)|ピエール2世]]と結婚した。1483年に父ルイ11世が没すると、王位を継承した弟シャルル8世がまだ若年であったため、1491年まで夫とともに[[摂政]]を務めた。