「フェルナンド1世 (アラゴン王)」の版間の差分

編集の要約なし
[[カスティーリャ王国|カスティーリャ]]王[[フアン1世 (カスティーリャ王)|フアン1世]]と王妃[[レオノール・デ・アラゴン (カスティーリャ王妃)|レオノール]](アラゴン王[[ペドロ4世 (アラゴン王)|ペドロ4世]]の娘)の次男として、[[メディナ・デル・カンポ]](現在の[[バリャドリッド県]])で生まれた。
 
カスティーリャ王位は[[1390年]]に兄[[エンリケ3世 (カスティーリャ王)|エンリケ3世]]が継いだが、[[1406年]]に27歳で早世し、甥で2歳足らずの遺児[[フアン2世 (カスティーリャ王)|フアン2世]]が王位につくと、その母后[[カタリナ・デ・ランカステル|カタリナ]]と共に摂政を務めた<ref name="関180">関、P180。</ref>。摂政としての事績は[[レコンキスタ]]を主導したことが挙げられ、[[1407年]]から[[ナスル朝]]グラナダを西から攻撃して{{仮リンク|サアーラ・デ・ラ・シエーラ|en|Zahara de la Sierra|label=サアーラ}}を攻略、一旦引き上げた後の1410年に北西からグラナダへ再進出、9月にアンテケーラも落とし名声を獲得した。また、息子たちもカスティーリャにおける影響力をフェルナンドのアラゴン王位継承以降にも保ち、「アラゴンの王子たち」{{enlink|Infantes of Aragon|Infantes de Aragón|s=off}}と呼ばれた。宮廷で増大する親フェルナンド派に圧迫されたフアン2世とその支持者たちは、後に寵臣政治を展開して彼らに対抗していくことになる<ref>ローマックス、P229、関、P180 - P181、西川、P186 - P189。</ref>。
 
母方の伯父にあたるアラゴン王[[マルティン1世 (アラゴン王)|マルティン1世]](シチリア王としてはマルティーノ2世)が1410年に嗣子のないまま亡くなると、[[カスペの妥協]]によって1412年にアラゴン王として選ばれた。これには、[[対立教皇]][[ベネディクトゥス13世 (対立教皇)|ベネディクトゥス13世]]とその腹心である[[ビセンテ・フェレール]]の工作、および外国人なら都合が良いと考える[[カタルーニャ君主国|カタルーニャ]]やアラゴン貴族の意向が働いていた<ref name="関180">関、P180。</ref><ref>田澤、P179 - P182、西川、P198 - P202。</ref>。
* D.W.ローマックス著、[[林邦夫]]訳『レコンキスタ <small>中世スペインの国土回復運動</small>』[[刀水書房]]、1996年。
* [[田澤耕]]『物語カタルーニャの歴史』[[中央公論新社]]([[中公新書]])、2000年。
* [[関哲行]]・[[立石博高]]・[[中塚次郎]]『世界歴史大系 スペイン史 1 <small>-古代中世-</small>』[[山川出版社]]、2008年。
* [[西川和子]]『スペイン レコンキスタ時代の王たち <small>中世800年の国盗り物語</small>』[[彩流社]]、2016年。
 
匿名利用者