「マヌエル・カルドーゾ」の版間の差分

[[ポルトアレグレ]]近郊のフロンテイラに、おそらく[[1566年]]に生まれる。[[エヴォラ]]大聖堂に関連した声楽伝習所 Colégio dos Moços do Coro においてマヌエル・メンデスとコスメ・デルガーデに師事する。[[1588年]]に[[カルメル会]]修道院に入会、[[1589年]]に誓願を立てる。[[1620年代]]初頭にヴィラ・ヴィソーサ大公家に常勤して、バルセロス公、後のポルトガル王[[ジョアン4世 (ポルトガル王)|ジョアン4世]]と交友関係に入る。経歴の大半においてカルメル女子修道会 Convento do Carmo の常勤作曲家兼オルガニストとして過ごした。
 
カルドーゾは[[ジョヴァンニ・ダ・パレストリーナ|パレストリーナ]]のポリフォニー様式を模範としており、ヨーロッパ各地で発達中の[[バロック音楽]]の音楽語法を完全に無視した、洗練された厳格様式で作曲している。現存する作品は精巧な[[複合唱]]様式のポリフォニー作品しかないが、それ以外の、同時代の様式によるもっと進歩的な多くの作品は、[[1755年]]の[[1755年リスボン地震|リスボン大地震]]とその際の出火によって永久に失われてしまっようであとされる。
 
カルドーゾの音楽様式は [[トマス・ルイス・デ・ビクトリア|ビクトリア]]に共通点が多い。例えば、[[不協和音]]の慎重な処理、随所でみられる[[分割合唱]]的な書法、奇しくも当時の[[イングランド王国|イングランド]]と[[イベリア半島]]に共通して見られる、[[準固有和音]]的発想の和声法などである。[[ミサ曲]]は3曲が現存する。[[モテット]]の多くは、ほかならぬジョアン4世を模範としているが、中には直接パレストリーナを模範としているものもある。カルドーゾは、しばしば国王ジョアン4世の支援で費用を工面し、各地で作品を出版した。
38,346

回編集