「日本製鉄東日本製鉄所釜石地区」の版間の差分

従業員数を更新。
(従業員数を更新。)
日本の近代製鉄業発祥の地・釜石に立地する工場で、[[八幡製鐵所]]よりも早くに操業を開始した[[日本最古の一覧|日本最古]]の製鉄所である。官営の製鉄所として[[1880年]]([[明治]]13年)に操業を開始するが、満足な成果を出せず3年後に閉鎖。軌道に乗ったのは民間人である[[田中長兵衛]]に払い下げられた後の[[1886年]](明治19年)以降のことである。戦前までは比較的大規模な製鉄所であったが、戦時中に[[釜石艦砲射撃]]で壊滅。戦後復活し、[[1950年]](昭和25年)の[[日本製鐵]]解体後は[[富士製鐵]]の主力製鉄所の一つとなるものの、1960年代から縮小が始まり、新日鉄発足後の[[1989年]]([[平成]]元年)に[[高炉]]を休止したため現在は[[製鉄所|銑鋼一貫製鉄所]]ではない。
 
現在は[[線材]]の生産拠点で、新日鐵住金の棒線事業部という事業部の下に置かれる。かつては[[銑鉄|製銑]]・[[製鋼]]用の設備、[[鋼板]]や[[形鋼]]・[[棒鋼]]用の[[圧延]]設備があったが、現在は線材圧延設備以外存在しない。敷地面積は344万[[平方メートル]]である(2017年10月1日時点)。従業員数は310241 であとなってい(2017([[201910]]3131日時点)<ref>{{cite news|title =製鉄所組織の統合・再編成について|url= https://www.nipponsteel.com/common/secure/news/20191101_100.pdf|publisher = 日本製鉄|date = 2019/11/1| accessdate = 2019/11/1}}</ref>
 
製品の線材は鋼を細く圧延し[[コイル]]状に巻いた鋼材で、釜石で製造される線材の種類には[[炭素鋼|低炭素鋼・中炭素鋼]]線材や、[[ばね]]や[[ケーブル]]に使用される[[炭素鋼|高炭素鋼]]線材、[[ボルト (部品)|ボルト]]などの[[部品]]の材料に使用される冷間圧造([[鍛造]])用線材、[[タイヤ|ラジアルタイヤ]]に使用されるスチールコード用線材、[[溶接]]用線材などがある。