「後楽園球場」の版間の差分

 
=== プロ野球のフランチャイズ制正式導入後 ===
[[1952年]](昭和27年)にプロ野球では正式に[[プロ野球地域保護権|フランチャイズ制度]]が導入されたが、後楽園は巨人、国鉄スワローズ(現・[[東京ヤクルトスワローズ]])、東急フライヤーズ(現・[[北海道日本ハムファイターズ]])、毎日オリオンズ(現・[[千葉ロッテマリーンズ]])<ref group="注">[[宮城球場]]を暫定本拠地としていた[[1973年]](昭和48年) - [[1977年]](昭和52年)の間も特例として、巨人と日本ハムの主催試合が組まれていない空き日程を利用して10試合前後の主催試合を開催した。[[ジプシー・ロッテ]]も参照。</ref>、[[大映ユニオンズ]](千葉ロッテマリーンズの前身球団のひとつ)の5球団が本拠地として構えるなど日本一の球場の名を縦にした。その後、[[1953年]](昭和28年)に東急が[[駒澤野球場|駒沢球場]]へ<ref group="注">駒沢は[[1964年東京オリンピック|東京オリンピック]]の関係で[[1962年]](昭和37年)に球場が閉鎖されてからはた。このため[[1963年]](昭和38年)の1シーズンのみ神宮を経て本拠地にした後、翌[[1964年]](昭和39年)に再び後楽園へ戻る。</ref>、毎日と大映の合併でできた[[千葉ロッテマリーンズ|大毎]]が[[1962年]](昭和37年)に[[東京スタジアム (野球場)|東京球場]]へ、[[1964年]](昭和39年)に国鉄が[[明治神宮野球場|神宮球場]]へそれぞれ移転するものの巨人戦の大きな観客動員数に支えられ、日本野球のメッカとしての不変の地位を得た。
 
日本最多の[[本塁打]]数を誇る[[王貞治]]は節目となる本塁打の多くをこの球場で放った。特に[[ハンク・アーロン]]が保持する[[メジャーリーグベースボール|MLB]]記録を超える756号([[1977年]](昭和52年))と世界初の800号達成([[1978年]](昭和53年))の時には達成直後や試合終了後にセレモニーが催された。
38,346

回編集