「アウトサイドヒッター」の版間の差分

編集の要約なし
1976年のモントリオールオリンピックで、ポーランドの[[トマシュ・ボイトビッチ]]選手が初めて用いたスパイク戦術である。文字通り、後衛の選手がアタックラインの後ろからジャンプの踏切りを行ってスパイクを放つ。通常のスパイクよりも前方に飛び上がって(ブロードジャンプ)攻撃を行う点に特徴がある。日本でも1980年以降、特に男子においてバックアタックが積極的に取り入れられるようになった。近年は女子においても攻撃の重要な戦術の一つとなっている。かつては[[ミドルブロッカー]](センタープレーヤー)がバックアタックを打つこともしばしばであったが、現在はミドルブロッカーが後衛に回った際はリベロと交代するシステムを採るケースが多いため、バックアタックのほとんどは[[アウトサイドヒッター]]([[オポジット]]を含む)が担当する。すなわち、アウトサイドヒッターは前衛での攻撃はもちろんのこと、バックアタックの高い技術を有することが求められる。
 
==サーブレシーブのフォーメーションにおけるアウトサイドヒッターの役割<ref>{{Cite web |url=http://6volleyball.club/449092283-html/|title=サーブカットの人数と配置の工夫 Volleyball Hacking|accessdate=2019-11-15}}</ref>==
かつて、サーブレシーブ(サーブカット/レセプション)は、セッターを除く5人のスパイカー全員が担当することが多かったが、守備の分業化が進んだ結果、近年は3名で対応する戦術が主流となっている。多くのチームは機動力のあるアウトサイドヒッター2名とリベロの3人をサーブレシーブ要員に充てている(サーブレシーブが不得手な選手がアウトサイドの対角に入る場合には、その選手の代わりににオポジットの選手がサーブレシーブに参加する場合もある)。それゆえ、アウトサイドヒッターにはスパイクの能力だけでなく高いサーブレシーブの能力が要求される。また、アウトサイドヒッターは前衛のみでなく、後衛でも攻撃に参加するため、サーブレシーブを行った後もつねにスパイクに備えなければならない。その結果として、アウトサイドヒッターと呼ばれるにも関わらず、左右のコートの外に大きく開いてオープントスを待つスタイルのスパイク助走はあまり見られなくなった。
 
248

回編集