「廃仏毀釈」の版間の差分

m
出典の明確な記載に変更
(誤字修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (出典の明確な記載に変更)
{{要出典範囲|date=2019年9月24日|例えば[[千葉県]]の[[鋸山 (千葉県)|鋸山]]には[[五百羅漢]]像があるが、全ての仏像が破壊された}}。{{要出典範囲|date=2019年9月24日|現在は修復されているが、羅漢像には破壊された傷跡が残っている}}。{{要出典範囲|date=2019年9月24日|また、[[華族]]の墓地も仏教方式から神道方式へと変更させられた}}。
 
{{要出典範囲|date=2019年9月24日|[[伊勢国]]([[三重県]])では、[[伊勢神宮]]のお膝元という事もあって激しい廃仏毀釈があり、かつて神宮との関係が深かった[[慶光院]]など100ヶ所以上が廃寺となった。特に、神宮がある[[宇治山田]](現:[[伊勢市]])は、寺院の数が300近く1868(明治元)年11月から15近くに翌1869年(明治2)年3月まで減らされている。そわずか4ヶ月間で全国平均に較べて古い建物196数自体少なく廃寺となっている}}これは宇治山田に存在した寺院の4分の3が整理されたことになる<ref>鵜飼秀徳『仏教抹殺』p.156-157 文藝春秋 2019 第4刷</ref>
 
{{要出典範囲|date=2019年9月24日|明治政府は神道を国家統合の基幹にしようと意図した。一部の[[国学者]]主導のもと、仏教は外来の宗教であるとして、それまでさまざまな特権を持っていた仏教勢力の財産や地位を剥奪した。僧侶の下に置かれていた神官の一部には、「廃仏毀釈」運動を起こし、寺院を破壊し、土地を接収する者もいた。また、僧侶の中には神官や兵士となる者や、寺院の土地や宝物を売り逃げていく者もいた}}。現在は[[国宝]]に指定されている[[興福寺]]の[[五重塔]]は、明治の廃仏毀釈の法難に遭い、25円<ref>大屋徳城「奈良における神仏分離」『明治維新神仏分離資料』</ref>で売りに出され、薪にされようとしていた。大寺として広壮な伽藍を誇っていたと伝えられる[[内山永久寺]]に至っては破壊しつくされ、その痕跡すら残っていない。[[安徳天皇]]陵と[[平家]]を祀る塚を境内に持ち、「[[耳なし芳一]]」の舞台としても知られる阿弥陀寺も廃され、[[赤間神宮]]となり現在に至る。
73

回編集