メインメニューを開く

差分

m
IC回路→集積回路
末尾にTがつくのは産業向けで、それ以外は環境温度保証が0〜70℃であるのに対して、Tがつくのは-40〜85℃。末尾にCがつくのは、[[アルテラ|Altera]] [[FPGA]]を統合してシングルパッケージにしたモデル。
 
組込み用途において、Atomプロセッサを使いながらさらにユーザが独自に設計したデジタル回路を用いる場合には、プログラマブルなIC集積回路を別チップにしてAtomと共に製品を組み上げる構成が一般的であったが、Intel社はAtomに[[アルテラ]]社のFPGAを組み込みシングル・パッケージで提供することにした。AtomプロセッサとFPGAを同一パッケージで扱えることで、設計者は基板スペースが縮小できるだけでなく、設計そのものもより柔軟となり、小さな修正や変更はプログラムの入れ替えによって迅速・容易に設計変更できる。このため、開発コストと設計変更リスクが最小限に抑えられ、また部品在庫の縮減が可能で製造工程も簡素化できるとされる。また、本製品のサポートはIntel社だけに集約し、少なくとも7年間のサポートを行うとしている。
 
産業用および商用温度環境のサポートし、動作クロックは0.6-1.3GHz、TDP2.7W-3.6Wの製品が準備されている。E665CT、E645CT、E665C、E645Cという4品種が同日から60日以内の出荷であり、E625CTとE625C2製品が2011年第1四半期の出荷を予定している。価格は61〜106米[[ドル]](1000個時)を予定している<ref>[http://newsroom.intel.com/community/intel_newsroom/blog/2010/11/22/intel-expands-customer-choice-with-first-configurable-intel-atom-based-processor?cid=rss-258152-c1-262280 intel社のページ]</ref>。
7,742

回編集